牧場物語やすらぎの樹プレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク



しばらくぼへーっと畑仕事頑張ったり、石を掘りに行ったり。
適当に過ぎていて、久しぶりに町へ行きました(笑)

え?
毎日行け?


やだぃ、めんどくさいもんww←終わっとる



で、役所に行ってみるとギルがいました。

村長の息子ですww
話しかけるとイベントが。


先日、村長からキルトの片側を預かりました。
そのもう片方の話。

ギルに聞いたら今はどう考えても余裕ないだろうから
自宅をレベル2まで改築できたら教える、と。

ちっ


こっそり舌打ちしてサーセンww
正直ですみません。


体力が余ったのでちょっと釣りに行ってみた。
いや資材取りに行かなきゃいけないんですが、まだ釣りった事が
なかったので…(笑)
何か釣りたい…と思ったら。


釣れました(・∀・)


メバルとアジ。
やりましたよ、奥さん!!←誰



ただ魚があっても料理は出来ないので全部出荷(・∀・)スル

お金になるのも嬉しいねー
ただ回復できるから料理は早くしたいし…


これは早く料理出来るようにならなきゃ。

まずは自宅の改築だよね。
前にギルから自宅がレベル2になったらキルトの話をしてやると
言われた事ですし、まずは自宅の改築か。


うーん。

改築…出来るのかなぁ…お金はあまりないし…
試しに大工のおやじの元へ行ってみた。


そしたらお金は足りるけど資材が足らん。
でも地味に木は切ってたので石が足らないんだって。


あと八個たらなかったからついでに大きな岩を二つ割って
これで資材そろった(・∀・)


頼んでおきました。
二日後完成だそうです。

楽しみだなー


次の日朝一から村長がいた。

家で手すぐいるのってちょっとあれよね(笑)
なんか明日祭りがあるからその予告に来たようです。


らくのう祭り。

あれ、でもブラウニー牧場だったかあっち入れないよね。
岩があってさ。

まあいっか。
木を切ってたら切り倒せないうちに(笑)体力切れたので寝る。


そして次の日!


ぴんぽんぱんぽーん(お知らせかい)


自宅の増築が終了してレベル2になりましたー

鉱山地区にある道をふさいでいた大岩が取り除かれて通れるように!
ブラウニー牧場に行けるようになりましたー


っていうか。
初めからあんな岩はどけろ(・∀・)

向こうに住んでいる人降りてこれねーんじゃねww
いいけど。


そーか。
祭りに合わせて岩が取り除かれるんだね。


ちなみにハンマーレベルが3だと自力で排除できるようですね。
まあレベル2なんですがww

なかなかあがらん。


まあ他の事ももりもりしてるせいですが。
すぐに倒れる弱い子なんです(笑)



さて、さっそく祭りに。
その前に最後に植えたカブの世話をしてっと。


ほんとだ。
ブラウニー牧場への道の前にどーんとあった岩がないや。


はじめてブラウニー牧場へやってきました!!



うっかり祭りに来たのを忘れて散策しそうになってましたが(笑)
動物コンテストがあったようです。

もちろん主人公は動物飼ってませんからね、無理ですが。



付きの最後の祭りだったらくのう祭り。

もちろん次の日は夏の日になりました!!
季節が変わったので…(ノ∀`)アチャー


残ってたカブはだめになりましたね。
まあいっか。

いや、よくはないが(笑)


おおぅ
何かおかしいなーと思ったらおうちが広くなっている。

そーいや増築したんだっけ(笑)
忘れてたけど。

ベッド横にすぐキッチンがあったのにないからなんで?
とかおもたww


さっそく外に出た。

あれ、カブが一個なってて、他の実りきってない奴もまだある。
枯れちゃわないのかなぁ

とりあえず一個だけ収穫。


さっそく夏の種を買いに。

えーと。
やはり連作は狙いたいよね。

トマト二個とトウモロコシを一個。


あとは単作で玉ねぎを買いました。


帰って畑を耕し…ただけで疲れ果ててるんですが。
ちょww

まだ種もまかなきゃ。
つーか一個分の種の6か所しか耕してねぇww


しかたない。

初日が肝心なんだから今日はお金を使おう。
料理を買って体力回復をしよう…と宿屋へ。



休みかーーーーーーーーーーーーーーーっΣ(゚Д゚)

ええっ

体力の回復できないじゃん。
ちっ

また明日ですか…いいけどさぁ



さて。
次の日です。

ぎりぎりがけっぷちの戦いです(笑)

とりあえず昨日耕した所にとうもろこしを巻きました。
あと二か所トマトまきたい。


頑張って耕したらすでに体力あやしい…。
しかしなんとかぎりぎり。

水やりはどうだろう…ああ、ぎりぎり足りたけど
疲れてきたとメッセージが出てきたのでこれはまともに歩けない。


店に先にご飯買いに行くべきだったかなぁ…

ま、いっか。
今日は休んで明日また耕してみよう。



次の日さっそく…と思ったら雨だった。
ラッキー

が、しかし嵐のようです(笑)
夏になって早々…いいけど


とりあえず水やりはいらんので、もう一か所種をまく為に耕してみた。

カブも残ってるんだけど…枯れずにいけるみたい?
よくわかんないなー


すでに体力もふらふらですが、あいさつ回りは可能なので
鉱山地区へ。

あ、そういや牧場へ行けるようになったんだ。
あいさつ、あいさつ。


そしたら牧場主のおじさんがお古のカマをくれました。
ラッキー



そのあとギルに会いに行きました。

てっきり役所にいると思ったら家だった…
まあ嵐だからな。


キルトの事を聞くと、話をする前に聞きたい事がある。
なぜその話が主人公に必要なのか?


⇒なぜ必要なのか?

・好奇心
・売りさばく
・島を元気にしたい

とりあえず上の二つはだめだろ(笑)


一通り話が終わり、ギルに問うた。
なぜ樹が枯れたのか。


しかしそれは誰にもわからず、事情を知っているかもしれない
コロボックルも姿を消したままだと言う。


幼かったとはいえ何もできなかった事を悔いているギル。

口は悪いが天然かよ。
なかなかいい奴のようだ。


大工のダイなら何か知ってるかもしれないらしい。

当時いろいろ調べていたとか。
これは聞きに行かねば。



ぎりぎり営業時間内に付きました(・∀・)ラッキー


話を聞いた見た。

女神の大樹はこの町のシンボルで皆その存在に感謝していた。

しかし慣れというものかだんだんそこにあるのが当たり前になり、
感謝の気持ちを忘れてしまった…。

樹がつくと大樹は弱りついには枯れてしまったと言う。


うーん。

しかし枯れた木はよみがえらない。
死んだ人が帰ってこないように。


しかし、命は子孫を残し自分の血筋をつないでいく。
それなら女神の大樹も新芽が出ているのではないだろうか。


そういう話。
新芽…新芽ねぇ。

そういえば町の所々に何か小さな物が生えてたな。
それかな?


次の日水やりをしていたらじょうろがスキルアップ。
レベル3に上がりました。

わーいわーい

一度に 3×3 みずやりができるようになりました。


でも近づけて畑作ると見にくいんだよねぇ



最近気がつくと体力が切れているのでそろそろなんとか…
宿屋で料理を買うと高いし…なら


自分で作ればいいんじゃない?
って事にようやく気付いた。

お金の関係もあるのでとりあえず包丁セットを買いました。
わーいわーい


鉱山地区へ入るといきなり画面が変わり…
おお、新しい人がいる。

リーナさんという女の子です。


おお、ブラウニー牧場の娘さんだそうですよ

「はじめてのらくのう」本をもらいました。
ラッキー


お父さんがくれたのはカマだったから本は誰だと思ってたら。
娘さんだったんですねぇ


スポンサードリンク