咲月ミオはプレステ4 PRO版を手に入れた!

実際に買ったのは2016年の年末なので…正味一年前ってとこかなー
年号で言うと二年前だけどネッ!

買った時にネタにしようと思って写真を撮ってたのに忘れちゃったので
今書くことにした(笑)

あとプレステ4には通常版のプレステ4とプレステ4pro版がある。
どっちがいいのだろう?

私がPRO版にした理由とは?
非常にしょーもないけど(笑)


あるのよ、理由ww



実際にプレステ4pro版を買ったのは一年ちょっと前の話。
とりあえず実際のプレステ4写真をさらしてみようか♪

うきうき


そんなわけでうちのプレステ4proさん



キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!
プレステ4だよ!!

テンション上がるぅww



じゃ、さっそく中身を出していきましょうか。
ふたの部分を開けると説明書が入ってますね。

まあほんとに簡単な説明書ですけど。
見なくても基本的部分は同じですよね。

電源の部分とかテレビとつなぐものとかね。




はい、その下には本体がど真ん中にド―――(゚д゚)―――ン!とww
これをそっとゆっくり取り出しました。




カバーを取り外すと真っ黒な本体が。
ちなみにうち3は真っ白いやつですw

でもどうしてもテレビ周りって黒いものが集まるよね。
ブルーレイ本体とか…あ、WiiUも黒いや。

ただプレステ2と3は白いの。




中に入ってたコードとかコントローラー一式。
HDMIコードをテレビの裏側につなぎ、電源コードを本体とつなぎ電力供給。
コントローラーもつないで…と。


これで設置は完了ですw
作りはシンプルになってるから迷うことはないかな。


ただHDMIコードをつないだ場所へテレビの切り替えをする必要がありますが。
うちは入力1にはブルーレイ様がいらっさるので。

入力2にプレステ4proをつなぎました!


プレステ4proと一緒に買ったソフト


ちなみに同時にソフトを購入しましたが、当時発売して間もなかった
ファイナルファンタジー15とプレステ3で酔いで挫折したスカイリムをゲット!

いやぁ…実はプレステ4を最初に欲しいなと思ったきっかけは…発売した新ソフトの
ファイナルファンタジー15…ではなく(笑)


もう一つのスカイリムだったんですよね。
つーかこのソフトプレステ3で持ってるやん。

しかもゲームで酔ってまともにできないってあきらめたやつやん。
それなのになんでゲーム機本体まで買ってソフト買う?


って思われそうですが。
実はこれ正解でした!

その辺の話はまた詳しく語りたいと思いますが(私的に)
プレステ3ではプレイ中に車酔いと同じ状態にすぐになってしまったのですが。

プレステ4版ではなぜかそのゲーム酔いをしませんでした。
特に酔いやすいわけではないけど乗り物で本を読むと具合が悪くなるぐらいの

酔いやすさ。
ゲームで酔ったことがなかったのでそれはもうショックでした。


たぶんゲームの中でキャラクターを動かすとその背景が当然合わせて動くんですが
視点がずれるんですよね…ブレるといいますか。

処理速度が遅いから目の動きとゲームの背景の動きが合ってないというか。
目が回っちゃうんですよ。


この辺はオープンワールドゲームではよく見られる症状です。
それならば…ゲーム機の性能が上がるとどうなのか?


という疑問があったんですよね。
ただプレステ4はもともと高いですし…ゲーム機を買う理由が弱くてそれまで
買う気は・・・


ちょっと高めのものってやっぱり買うという行動を起こす為の、
それ相応の理由というか衝動というかきっかけというか。

必要だと思うんですよね。


私にとってのプレステ4を買うきっかけがスカイリムだったわけか。
正統派のオープンワールドはこれが…二作目かな?

一つ目はドラゴンズドグマでワールドが他と比べて狭くて…あと操作がよくわからず
途中でやめちゃいましたね…。


スカイリムは何がよかったんですかね。
よくわかりません。



あ、あとアイテムとか地名登録があるのでそれを一覧にして(;゚∀゚)=3ハァハァしてたから?
まあ少なくともわかるのは私のゲームの楽しみ方が非常に偏ってるということかも。

いいんです、知ってるから(笑)
ちなみにずっとスカイリムばかりやってて同時に買ったファイナルファンタジー15を
クリアしたのは…実は昨日ですwww


しかもそんな長くはやってないかな。
ちょうどほかのゲームを始めた妹様と被ってたので休みの日に
交互に遊んでましたからねぇ…なかなか進まない。

ようやくエンディング見ました。
そして


超不服です(笑)

この辺はまた叫びたいと思います…ぐぎぎ


プレステ4 proを選んだ理由とは?


さて本題。
プレステ4には通常のとpro版があります。

通常盤にはハードディスクの差で二段階用意されていたはず。
そっちのどちらかを選んでいたんですけど…気が付けばpro版を買いました。


ちなみに。
悩んで悩んで悩んだ挙句PRO版を買ったのですけど。

その過程でも一波乱ありましたことはまた別の話です。
ちくしょうww地元の電気量産店めww


まあ買う時のドタバタはともかく、もともとは通常のプレステ4を買うつもりでした。
なぜってそりゃ高いから(笑)

通常版だってちょっと高めですよね…まあ使えば元は取れるけど。
金額が高いということは元を取るまでが長いってことだな。


★これがハードディスク容量が500ギガ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PlayStation4 ジェット・ブラック 500GB
価格:32378円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)




★容量が1テラ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PlayStation4 ジェット・ブラック 1TB
価格:37778円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)




★これがpro


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PlayStation4 Pro ジェット・ブラック 1TB
価格:48578円(税込、送料無料) (2018/1/8時点)




以上三種類が基本です。
上記二つは性能は変わらずハードディスク容量の差が大きいかなー。
あと本体のサイズが多少違うらしい…買ったのがproなんでその差はよくわかりませんw

一番下のproは通常版とは性能が違うので負荷のかかるゲームも何の問題もなく処理するとか。
ゲーム機の処理能力が高ければさくさくゲームが進みますからね。

あと一番はPlayStation VRを将来やるなら性能が一番高いの買ったほうがいいんじゃない?
という妹様の助言から。

まあまだバーチャルのほうは私が遊びたい作品はないんですけどね。
もし出たときに通常版で対応しきれないソフトもいつか出るかもしれないよ、と。


まあ逆にその頃にはプレステ5になってるかもしんないけどね(笑)
ちなみに我が家はテレビは3kですので、プレステ4proの本領は発揮できないんです。

ゲーム画面の高画質化に特化したプレステ4proなので、テレビが4Kテレビという人は
proのほうが高画質で処理も早いし臨場感満載!

という話。
まあ電気屋さんの店員さんは4kまで行くとそんな人の目でぱっとわかるほどの
差がないという話はテレビ買い替えの時に聞きましたが。

よほどこだわりがあって細部まで繊細に表現されたテレビ画面…が必要ならありかと。
うちはそんなこだわりはないので手ごろ価格だった3kを買いました。


いつか4kが当たり前になったらその時でいいやーみたいな

そこまでこだわりのない適当なゲーマーです( ー`дー´)キリッ