牧場物語シリーズのなかのこれ!

牧場物語 わくわくアニマルマーチ牧草の扱いって?




スポンサードリンク



牧場物語シリーズでまず出てくるのが「牧草」です。


どうぶつのえさになる牧草。
この牧草は自分の畑で育てることが可能です。


農場でまず種を買い、その種をまきます。
ちなみに牧場物語 わくわくアニマルマーチでは、


春・夏・秋の間だけ育ちます。
他もそうなのかもしれませんが、時々変わるので(;´Д`)

念のため(笑)


で、種をまいたらそのまんま。
水遣りは必要ありません。


種だけまいておけば勝手に育ってくれます。
育ったら日々刈り取っていきます。


カマで牧草を刈れば自動的に餌やりの箱に入るしくみ。
ちなみに出荷も出来ますよ。


最初の頃はなかなかお金の工面に困るので(笑)
牧草を売るのも手です。


なぜなら水遣りとかいらないし、春にまけば秋まで
そのまま繰り返し育つのです。


金額は小さいけどそれでも作物の種をまいて、育つのを待って
収穫して出荷するより実はお金になったり(笑)


道具を強化し終えるまで牧草でしのぐのも手ですね。
私は作物を育てたかったのでしませんでしたがww


とりあえずすぐにどうぶつを買いたかったので、
牧草の種は一番最初に買いました。


牧場物語 わくわくアニマルマーチの最初の畑では
長い方の一筋を一列牧草にしています。

種まきや、草刈り、水遣りもそうですけど。
銀の道具にすると3×3の範囲で作業が出来ます。

そうやって区切っていくと、一番最初の畑端っこ一列余るんです

あ、長い方ですよ。
短い方はぴったりなんで。

だから長い方の一列を牧草にして動物のえさにしたり、
売り物に足してみたりもありかと。

とりあえず水遣りは不要なのがありがたいです
水遣り地味に大変ですから(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

そんな牧草の話(笑)


スポンサードリンク