ファンタジーライフプレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク



いつもと同じくポストマンの声・・・って違う声が聞こえますが。
ハッポさん?


なにやら変なことがあった様子
だってポストマンが言ってたから(笑)

まあ王様の手紙でも読むか

城に急いで来いって
なんかあったのかな


■マーズものがたり 第5話「深き森の精霊王」


城へ向かう道中正面の端にいる魔法使い系の服の人に依頼
どくのもと・・・はあったな


『続・あやしい依頼』クリア


こなさないほうがよさそうな雰囲気だがな
知ったことではない(笑)

へい、お呼びで?
城には重要人物勢ぞろいではないですかーっ


ヒューズさんの研究結果によると・・・女神のたからは三つではない
他にもあるって事なんですな

ヒューズさんは女神の宝は人が治める国の


・クルブルク
・ポルトポルト
・ダルスモルス


この三つだと思ってた。

けれど実際は魔物や精霊の王がいたわけです。
だからもう一つある、と

ただその国がどこにあるのか。
今もあるのかわからない、と。


するとお后さまがポツリと何かをつぶやいた。
それを聞いたエリック王が合点がいった風に


「なるほど、そうか・・・。
 精霊の国とは、そういうことか。」


どういうことなんだよ!?( ゚д゚ )クワッ!!

お后様は何か知っている。
でも言いたくない。


というか、なにやらお約束があっていえないというのが正しいか。
(´ε`;)ウーン…
でも世界滅びたらどうにもこうにも?


(´・∀・`)ヘー

お后様はモンスターや精霊と心を通わせることが・・・って!
つまりかーちゃんゆずりか、ラウラの力は!


ふんふん。
クルブルク王家の女性は代々その力があるらしい。

かーちゃんゆずりっていうか家系なのか!
でもなんか秘密あるよね。


秘密臭あるよ(笑)
エリック王が説明をしようとしたときにどたばたと駆け込んできた王国兵士

コモレヴィの森にドクロ石がド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!
まあよそにも落ちるんだからあそこにもいつか落ちるだろう


が、しかし。

あの森はモンスターが多いところ
そこにドクロ石が落ちるとやはり暴れるだろうないろいろと


つまりコモレヴィの森に行くのか
はいはい


今回は姫も行くらしい
大人しくしとけww

戦闘がめんどうだから(笑)

あれ。

階下に下りると姫のおかーさんがいますよ。
どしたの


コモレヴィの森は人と精霊たちの暮らしの丁度ハザマにある場所
本来は人があまり立ち入ってはいけないって入りまくりですが


あ、奥のことかな
精霊王の名前はダヌータというらしい


もし精霊王のダヌータが持っているのなら今までどおりことは進まない
なにせ精霊の許しがなければ中に入れない


それは困るww
しかしなんでそんなことを?

いいの??
するとあるものを渡されました

森のこどもたちにあったら渡してくれ、と


■フェリアの手紙を手に入れた


「人々が盟約をやぶり、森に足を踏み入れるのを
 止める術がわたしにはもうありません。
 でもどうか、こどもたちのためにも
 あなたの力を、貸していただきたいの。

 ・・・・あなたの古き友人 フェリアより」

だから勝手に読むなよ(笑)


外に出るとラウラさんが着ました

いつもの格好で!
こーのじゃじゃうまがww


まあひなたんも変わらないが平民ですし(笑)
王国兵士が片付けたのか敵がいませんな


まあ進んでみましょ・・・ん?
あれ、何してんの。

森にグルッチェとハッポがいるじゃないですか
とりあえず様子が変だわ

いつも変だけど(笑)
さらに十倍( ゚д゚ )クワッ!!


あ、ヒューズさんいますよ
そうそう。

このコモレヴィの森にもなにやらへんな遺跡?があるんですよね。
それを見ているようです


女神のたからと同じ材質らしい
それってつまり・・・。

その先には通らせてくれない路がありますが、その先に何かあるのかな?
すると何か声が聞こえます

誰だろ?


すると。
一瞬で一人誰かが目の前に現れましたΣ(´∀`;)

誰だ、おまぃ
つーかその前にいつの間に!が先か?


一瞬で消えたその人?は警告して消えてしまいました
古の盟約を護れ、と

いや、世界滅びたら関係なくね?
例えあんたらとドンパチやってもさぁ・・


その前に・・・この森にはコモレヴィの大樹っていう伐採の小ボスがいます
金色マークだけど・・・いけるのかな・・・


キタ――(゚∀゚)――!!


割とあっさりいけました
木こりだから?
関係ないかww


★大樹の実


ん?
そういえばこれってもういっぱい取ってるのに一覧から消してないや


★ナンボクの実


たまにうっかり忘れるんだよね。
よし、先に進むか


すると手前でイベント

ラウラさんが昔母親に言われたことを思い出したそうです
そういや城を出たときにもなんか言われた気がするとか言ってたね


コモレヴィの森に入るときには森の民に敬意をはらいなさいって

森の民・・・。
もし森の奥に入り込んでしまって迷っても約束の下に
森の民が助けてくれるはずだから・・・と


約束?
精霊の声に耳を傾けろ、と

そうすれば路が開けるかもしれない。
ここはオカンを信じるしかないやろ!!


他にヒントもないんだから(笑)
そんなわけでコモレヴィの森の奥地へごー

不気味な森でブルブルしていると突然女の子の悲鳴が
これは行くしか!行くしかない!


男の子じゃないけどな!
主人公ですもの(笑)


はいきた。

シャドウモンスター
たこなぐりです

ドクロ石はないんだけどなー、仕方ないからモンスター叩くかw
助けた女の子は少し噛まれたけど大丈夫そう。

それならいいけど・・・
そして意味深なこといったww


「ヒトノカタ」


つまり君は人じゃないんだね(笑)
気づいてないけどww

レルナちゃんが自分が住んでいる村に案内してくれる事になりました
こんな森の奥に村が?


まあただ「人が住んでいる」とは一言も言ってませんしww
ね。


★ブラックベル
★トリョフ



アイテムを拾いながら(笑)奥に行くといかにも怪しい洞窟が・・・
イベントが起きないときに来ても行き止まりなんですがね。

今は彼女が一緒なので・・・


洞窟の中は行き止まりで村なんてありません。
すると・・・少女がなにやら話しかけるとカタカナで返事が(笑)
これが精霊の声らしいですよ


すると道が開け先に進めるようになりました
ここがコモレヴィの村ですね!


少女がふいに誰かに声をかけました
・・・おにいちゃん?
って、さっきの不審者じゃないですか(笑)
まあ今は立場的にこっちが不審者かなww


ピーノさんという名前なんですが、
おにーちゃんに駄目だしされて怒ってどっかいっちゃいました。
あーあ


古くから定められた約束事。
そして定められた資格がないこと。

それゆえ主人公らを村の中には入れられず、そして
長老にもあわせることは出来ない。


主人公様になんたること(笑)
とりあえず追い返されてしまうらしい

まあそれでは話が終わってしまうのでなんかが起きるんでしょうがww
主人公の周りとはそういうものです( ー`дー´)キリッ

とりあえずちょっとうろうろしてアイテム拾うか

あ、木こりイベントのうっかり女神がいる


■きりかぶと斧を手に入れた


おお、さんきゅ
あ、大工のマスターの師匠もいる


★クリティカリンを手に入れた


おお、ありがとー

ちなみにすぐ隣のビーバーはお店です
ここは角材ばっかやね
う。


ここ四元素の材木が売ってある!
でもまだアースしかww

さっき依頼で上げちゃったし、一本買うか
いや、加工は二本からだっけ
だが高いww


とりあえず宿屋があったら寝る。
お約束です


そんなわけでピーノさんの家に行きましょうか
追い返されるわけですが。

世界滅びたらお前らのせいだぞー(笑)


森の出口でふいに問う
昔王国の女性がここに通ってこなかったか、と

そう。
ラウラさんのおかーさん。

そしてチョウチョが思い出したように差し出した?のはフェリアさんの手紙です。
つまり長老宛の手紙ですね。


ピーノさんはちゃんと渡してくれると言ってくれました

じゃあ帰ろうか・・・と思ったとき精霊が飛び込んできました
どーしたよ

レルナさんが倒れたらしいΣ(´∀`;)


おいおい。
追い出してる場合か?というわけで出戻りです。




☆各ライフのランクとスキルレベル☆

■ひなたのレベル 34

★共通スキル ■ダッシュ 02■忍び足 02■短剣 01
★王国兵士 うできき■片手剣 05■盾 04
★傭兵 うできき■両手剣 04
★狩人 うできき■弓 07
★魔法使い いっぱし■魔法 03■火 03■水 02■風 02■大地 01
★採掘師 たつじん■採掘 08
★木こり いっぱし■伐採 078
★釣り人 たつじん■釣り 07
★料理人 うできき■料理 04■肉 04■魚 03■卵・野菜 04
★鍛冶屋 たつじん■鍛冶 07■武器 04■防具 05■金属製道具 07
★大工 たつじん■大工 07■家具 06■木製武器 03■木製道具 05
★裁縫師 たつじん■裁縫 07■服 07■織物 03■小物 05
★錬金術師 うできき■錬金術 02■薬 03■アクセサリー 02




スポンサードリンク