やれやれ・・・タナトス様に襲われてから大分
海に潜っていましたが・・・ようやく地上です。



スポンサードリンク



いやはや、落ち着くww


戦利品はラピスラズリの石版です。
これは解析しないとわかんないんだろうな。


じーちゃん、ただいま。


突然無線の連絡が付かなくなったらしい。
なんなんですかね。

まあそれはともかくヴァルカ城は見つけたぞ!
金銀財宝はなかったけどね。


おじいさんに石版を見せるとこないだヒントをもらった
腕輪とは全く違う文字で書かれているようです。


これが宝なのかな。

あの変な頭の兄ちゃんもこれを探してたのかな?
とかウワサをすると現れるのは・・・

ずっと待ってたんじゃあるまいな(笑)


うわさをすれば影?
GGが現れました。


そして図々しく船に上がってきましたよ。
落としていいかな(・∀・)


何はともあれ賭けもありますし。
(・∀・)ニヤニヤしながらオセアンヌが手に入れた石版を
GGに突きつけました・・・・が。


悔しがるどころか見つけた石版が何なのか説明してくれた。
一人でなにやら納得していましたが。


この石版は世界で何枚か見つかっている、
オケアノス人っていう謎の民族が残したオーパーツ。

貴重なラピスラズリに掘り込んでるから貴重なんでしょうが、
いかんせん読める人がいないので。

現在では考古学的価値しかないらしい。
(・д・)チッ



GGが探してるのはこんなけちなものじゃなく、
もっとゴージャスなものらしい。

だからそれは金銀財宝ってこと?


とぼけた男は自分らのおかげでこの海の探索から
おさらばできるって去っていきました。


もう来るなww
マイペースにも程があるわ。


GGが去った後ふいにオセアンヌが声を上げます。
どーした、忘れ物か?


賭けにかったから鼻からスパゲッティでも食べさせる
つもりだったのに逃げられた、と。


しょーもな(;´∀`)
とりあえず一つクリアしましたね。


帰ってさくさく鑑定しなきゃ!
手荷物一杯だもん。


もう何個も重たくてリュックに入らなかったのが
心残りでね。

早く大きなサック欲しい。
o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!



伝説のヴァルカ城発見のニュースは世界中をかけめぐり
RARダイバーズサービスの名前はいちやく有名になった。


(ΦωΦ)フフフ…
あがめてもいいのよ?


結局さ、何も解明されてない。
オセアンヌのお父さんがペンダントに残したメッセージ。

それはこの石版の事だったのか?
でも今はこれしかないもんな・・・


先は長そうです。
が、私は宝探しがしたいのでオケオケ(笑)



無事島に帰ってくるとおじいさんが話しかけてきました。
どうした、何かあったかい?


すると。
ヴァルカ城を発見した事でこのRARダイバーズサービスが
ちょっと有名になったらしい。

その為に世界各国から仕事のオファーが来たんだと。



まあこなすのはσ(゚∀゚ )オレですよねww


オファーはいくつかあって、


・撮影オファー・・・指定された場所や魚を撮影する
・ガイドオファー・・・観光客を連れて海中を案内する


撮影オファーはおじいさん。
ガイドオファーはオセアンヌが案内してくれます。


オセアンヌに話しかけると案内できる場所が増えたと。
そういやマップが埋まってくると案内可能な場所が
増えるからとか言ってたっけ。


さて。
とりあえずナンシーを呼んで石版見せるか。


■オセアノスの石版を見せてみました


・石版の解読を頼む
・何も頼まない


いいから解析してよ。
すると・・・


ご乱心気味のナンシーさん。
自分に鑑定できないものがあったことがショックらしい。


まあまあ。
世界は広いってことさ(笑)


とりあえずこれまでの経緯を説明しました。
非常にはしょりまくりです。

いいけど。


謎の古代民族オケアノス人の文字ということで。
ふとナンシーさん首をかしげて、最近そんな話を聞いたような?



思い出せ!!m9っ`Д´) ビシッ!!


ナンシーさん曰く、サクライ教授という人がオケアノス人の
言語を研究していたらしい。


それまたタイムリーww
天才海洋学者で、生物学や機械工学、考古学などなど。


様々な学問に通じた日本人でナンシーさんが行ってた
大学の教授をしていたらしい。



日本人ww
まあ一人ぐらいいてもいいよね。

主人公は日本人だと・・・思うんだが?
どうだったっけww



ナンシーさんのコネで教授に会いに行く事になりました。
それにしてもじーさん。


変人とかそんな本当のことを言ったら駄目でしょ(笑)
私も思うけどさww

あ、ナンシーさんが新商品を仕入れてくれたわ。
だがポイントがないのでまずは鑑定しよう。


★オモチャの指輪を手に入れた!
★歴史書を手に入れた!
★稀覯(きこう)書を手に入れた!



ミディアムサックキタ――(゚∀゚)――!!
ちょうど5000Pで買えるじゃない。

ぎりぎり足りるじゃないww
他のは今度でいいよ。


何はともあれ 物欲 ですよ(笑)


★ミディアムサックを手に入れた!


とりあえず一度そのさくらい教授に話を聞いてみようということに。
かなりの変人ぶりらしいけど。
今は水族館で獣医やってるとか。なんで獣医なの


ナンシーが帰ってじいさんに話しかけると・・・
ん?

なにやらご指名でご依頼が来ているらしい。
(ΦωΦ)フフフ…


そんなに有名になったのかww

FFと名乗る人・・・FF?
ゲーム?←違う


今日こっちに来る話に・・・って本当に来た(笑)
おまぃ、そのお約束にも程があるタイミングはその辺で
隠れて待ってたんだと正直に言えww

あ、これサブストーリーだな。


■サブストーリー サルベージャーの誇り
第1話「謎の男」

ジャン=エリックが仕事の話をしたいといっている。


黄色と黒のダイバースーツが非常に微妙なお兄さん。
フランクリン・フィッシャーンでFFなのか。

その響き・・・どっかで聞いたよな。
最近。

気のせいって事にしよう。


彼もサルベージをしていて、ヴァルカ城も探していたらしい。
見つからなかったヴァルカ城を見つけたってことで興味を持ったらしい。


は?


なにそのスーパーダイバーってww
頭悪そうだからやめてくれww


つーかこいつ難癖付けにきたんか?
(・∀・)カエレ!!


挙句の果てにはなにやら試されるらしい。


な ま い き な



すぐ後の海に叩き込んでくれる←無理です
(・д・)チッ


おじいさんに保障されたけど信じられてない。
このやろうww


実力を示す為にトルマリンの指をを取って来い、と。
別に実力なんてわかってくれなくていいから、
そこから突き落とせ( ゚д゚ )クワッ!!


全く失礼だ!!
おじいさんも呆れて、とりあえず頼まれもののアドバイスをくれました。

指輪だから小さいし、木の反応はない。
鉄だからメタルと宝石が付いてるからストーンかな。


だが、すまん。

σ(゚∀゚ )オレ見つかるものは全部持ち帰るから
不要のアドバイス(笑)

いつか手に入るでしょ、みたいなww


指輪があるという場所はキケロス海峡の沈船デメテル号の近く。
なるほど。


ナンシーさんに鑑定してもらってトルマリンの指輪が出たら
おじいさんに話しかければいいんだな。

オッケー☆⌒d(´∀`)ノ


じゃ、行くか。
場所はC-3付近にあります。



トリトネ村の遺跡でコイン発見
壁のほう


★大犬座の黄金貨を手に入れた!


リュックがいっぱいになったので帰ってきました。
ナンシーさんに鑑定たのも。

依頼の指輪があればいいんだけどね?♪
と、思ったら。


⇒特別依頼「ナンシーのハサミ探し」

ナンシーが頼みごとがあるそうだ。
話を聞いてみよう


ナンシーさん商人だよね。
なんではさみがいるのかしら。

そもそもなんでディープ・ホールに落とすのかしら?
意味が分からないよww

ああ、副業?
副業オッケーな会社なんですね(笑)
というか、ナンシーさん単独の会社なのかな。

起業家?


ついでのおつかいでガツガツあれこれ頼んでくる。
本業のヤツは自分でやれよぅ(;´∀`)




スポンサードリンク