フォーエバーブルー海の呼び声プレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク



⇒助けを呼ぶ声 第1話「調子の悪い生き物」

ガダマ岩礁に様子のおかしい生き物がいるので
様子を見に行って下さい、と。

観光客が見かけたらしいので確かかわからないけれど。


・マンタ
・マナティ
・ナポレオンフィッシュ


パルサーで治療してやります。

途中で帰ってきたり上陸するとやり直しになるので要注意。
と、おっさんが言われております。


イベント中に船に戻ったら失敗になります。

( ´゚д゚`)エー
じゃあちんたら泳いでないとさっさ行こうww


マンタがC-3にいました

ナポレオンフィッシュをD-8で発見。
マナティはG-2辺りにいます。

マナティの近くでコイン発見


★画架座の黄金貨を見つけました


つーか。

件の生き物より赤とか紫レベルいっぱいいますがww
あれはいいんですかねー(笑)


治療が終わると一度島に戻ろうというので仕方なく帰りました。
あれー、別件で行ったのにww


■お礼として2000Pもらいました


そもそも件の生き物たちが体調を崩した理由は、
ビニールやプラスチックを飲み込んでしまったから。

そうです、人間のせいなんですね。


それを知ってお嬢さんはご立腹。


おいおい。

人間の勝手さに憤ってたお嬢さんがなにやら決心。
私たちでそういった生き物を助けるの!

って。


あんたなにげに「私たち」って(笑)


・たち?
・そうだね


という選択がありますが、とりあえず下にしましょうよ(笑)
仕方ないなww


やれやれ。

それじゃあまたガダマ環礁に行きますか
そもそもイヌのイベントで行ったのに。


待たせてごめんね、わんこww

小島が見えたらしい場所に着きました

周りを見渡して探せといわれたので探す。
すると・・・


あれ?船の近くに何かいませんか


つーか島が動いてますけど!

するとおじいさんがガダマのへそと呼ばれる場所に
行ってくれ、と。

予想通りならそこで小島の正体がわかるらしい。


はいはーい!


ガタマのへそに付くとイベントが

あれは伝説級の亀でココ・マハラジャというらしい。
このあたりのダイバーは幸運を呼ぶ亀と呼んでるとか。

であった人間には金運がつくらしい(笑)
やったね★


宝くじでも当たるんじゃね?って言われたww
まさかー

それにしてもすごい名前や


★プリティアイドルの称号を手に入れた!


ってなに、その称号ww超イラネ



特別依頼「漂う島」クリアです!
称号が超いらね(笑)

さあ、ナンシーさん鑑定して!


★ただの貝殻
★トンボ玉
★孔雀石
★たこつぼ
★宝石箱



サルベージレベルアップヽ(・∀・)ノ
さて、そろそろ次行くか(笑)


そんなわけで。
今回は南極です。


■南極 ウェッデル海。

南極半島とコーツ・ランドの間に広がる海域。
毎年新種の生物が多く発見されており未知の海域である。
海流の影響でプランクトンが大量に発生し鯨の保養地としても知られている。



こないだは北極。今回は南極。
ガラリと様相が変わりましたね。

北極は流氷地帯。南極は氷山地帯みたいです

流氷はあまりの寒さに海水が凍って出来るもので、
氷山は南極大陸で作られた氷の塊が海に押し出されて流れているもの。

でも寒いのは変わんないよねー


流氷は平べったいけど、氷山は海中に大きな体積を隠している場合が
多いんだって。

つまりは


「氷山の一角」はここからきた!?


まあそれはともかく。

どっちみち寒いのは変わらないから長くは潜れない。

前回はホッキョクグマが地上にいたから
その場所に移動する間だけ泳げばよかったけど・・・


今回の調査は水中がメインなんだから…
体力の消耗が心配だとおじいさん。


長く潜れないのに今回潜るのがメインだよねーとか言ってたら
サクライ教授が防寒対策グッズをくれました。

よし(・∀・)


「そのことなら大丈夫。いいものを持ってきたわ。」


■AAPワックスを手に入れた


このワックスは防寒ワセリンで、極地での潜水作業時に
使われる特殊な物。

ドライスーツ潜水ならあらかじめ体に塗っておく事で
水温が0度以下の海中でも何時間でも耐えられるはず、と。


時代は進化してるのね(笑)


なにはともあれ防寒対策はばっちり!
今回はサクライ先生が付いてきます。

特殊氷山A-sm16pという場所。

ここで量の歌らしき謎の音響を聞いたという報告が
多くの船舶から寄せられているらしい。


今回の調査は先生が必須みたいですね。

まあ人材的に当然といえば当然ですか。
そのために先生来たんですしねー

じゃ、いってみよヽ(・∀・)ノ



■ウェッデル海 北東部周辺

小魚を追ってペンギンやアザラシ数多く生息し、来訪者を楽しませてくれる。
鯨も多数生息している。



や、目の前にアザラシいますし(笑)
でかーい。


ちなみに。

先生のダイビング暦は非常にすばらしいので、
後は任せたww


いや、マジで。

こっちバイトのしがないダイバーですからww
ハイパーとかウルトラとかなんか付いてるけど(笑)


いきなり来て早々サメのいる海に放り込まれるような
立場でもないですからーっ(笑)


そうそう。

先生と泳ぐと見つけてない魚を探すのに便利なんですよね。
確か?マークが出るんだよね。


見つけてないやつ。
探すのにめっちゃ重宝する。


あと、一度でも見ていればその魚の場所を追跡できます。
生物の解説もお手の物です。

まあ聞いてないけど(笑)


ちょっと泳ぐとすぐにお目当ての氷山に着きました。

さっきのワセリンのおかげで極地でありながら
普通に泳げるのがすごいよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


エアーの減りが通常通りなのがありがたい。
だってここ深くまで潜るからね。

時間があればあるほどいいよ。


目的の氷山にたどり着いたら今度は海の中の
隠れた部分に沿って潜りましょう。

穴がいくつか開いてますが、ヒョアウザラシの巣らしい。


この氷結のひとつがイベント会場ですので頑張って探す!
近づくとまたも竜の歌と呼ばれる音が聞こえます。


先生曰く氷山の方から響いてくる。
音が聞こえる方に向かいます。


たしか三つぐらい穴が開いてるのかな。
目的の穴だとイベントがあるのですが。

他は特に何もないんですが。
確か注目する場所があるので確認するのもいいかも。


目的の場所が見つかるまでは近づいたとか遠のいたとか
アナウンスが起きるので。

それを参考に調整します。


まあひたすら氷結を探すわけですが。
あたりの氷結は「下部第三氷穴」という場所です。


真っ暗でわかんなくなるけど頑張って探してね。

該当の場所に近づくと先生がこの奥から聞こえてくるので
中は広い空間があるのかもしれないと。


とりあえず入ってみよう!
あ、でもその前にエア切れないように一度上がる。


すると近い場所に潜水地点あったので便利♪



■ウェッデル海 アイスコフィン

自然が作り上げた大空洞で、見るものすべてを感動させる。
氷壁には小さな生き物が生息し生態系を支えている。


長いトンネルを抜けると少し大きめの空間があります。
あれ、ヒョウアザラシがいますね。


南極に住む大型の肉食動物で、
ペンギンや他のアザラシを食べるので、
強い力とするどい牙を持ってる。


性格は獰猛らしい。
やだやだ、怖い。


とりあえず今は落ち着いてるらしいけど・・・?


あ、何やら光るポイントがありますね。
むむむ?


■氷の柱が幾本も組み合わさって通路を塞いでいるようだ。
人間やイルカなどの力では破壊することはできないだろう。



・・・・・・・・・・・・・・・・。
ほほう。


人やイルカじゃ無理!
それならもっと力の強い動物ならいけるわけだ?


(¬д¬。) ジーーーッ


いるよね、すぐ近くに。
獰猛で性格が荒くて力が強いあいつがwww


(ΦωΦ)フフフ…
とか思ってたら先生に


「あなた、スーパーダイバーでしょ。
 いいアイデアないの?」


経験はあんたの方が上だろうがww
まるっと投げてきた(笑)


いや、だからさ。

いるじゃん。
力の強い生き物が。


それを人は他力本願という(笑)勝手なww

・発想を逆転させてみよう
・別の道があるかもしれない


上で(笑)



(・∀・)ニヤニヤ


スポンサードリンク