オセアンヌのお父さんの存在。
そして彼が残したペンダントに残されたメッセージ。



スポンサードリンク



そのメッセージがなぜかヴァルカ城の伝説の一節。
これは気にならないわけがないですよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー


主人公もおねだり攻撃だ!!m9っ`Д´) ビシッ!!


(・∀・)<ヴァルカ城行きたいな~行ってみたいな~♪


と、言ったかどうかわかりませんが(笑)
なぜなら主人公は喋らないので口ぱくぱくはさせますが。

それに対して他の面子が回答してくれる事で
何言ってるかわかるんですよ。

今回も・・・


「なんだって?おまえさん。ヴァルカ城に行ってみたいって?」


みたいな(笑)
驚きのおじいさん。

いや、展開上そうなるのは必須やろ。
主人公たる物、最高ランクの好奇心に突き動かされないと


物語が進みませんが、何か?



主人公の進言に大賛成なのはオセアンヌ。
お父さんの残したというメッセージ。

一人娘としては気にならないわけがない。
もちろんおじいさんも息子の言葉ですから。

仕事の幅を広げるという名目でヴァルカ城行ってみる事に♪
そうこなくっちゃ!!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー


すると、ナンシーさんが商品の売込みに来ましたww
そういや商売人だった。

鑑定士ではない(笑)
ナンシーさんが売っているものは


装備品…スーツ・グローブ・フィンなど海中で必要になるもの
配置物…条件を満たせばナインボール島やその他の場所に置けるもの
その他…どちらにも当てはまらない物


この三種類です。
装備品に関しては性能が上がるものと、外見が変わるだけの
お洒落系にわかれるようです。

お金もないので今はいいや。
節約!
だって早く性能アップの方の装備品そろえたいし。
何よりサックの充実が宝探しの早道だからね。


このゲームでは海に潜った時にあれこれ拾った物を持ち帰れます。
でもなんでもかんでも持ち帰れるわけではなくて、
持ち帰れる大きさに制限がかかります。


最終的に手に入る最大のサックになるとどれでも持ち帰れますが、
現在のサックでは小さな小物しか持ち帰れません。

持ち帰れないときのあのグギギ感・・・半端ないっス(笑)
とりあえず張り切って行ってみよー!!


すると。
おじいさんがナンシーさんに前に頼んだものはどうなったのか。
そう問いかけました。


どうやら何か注文していたようですな。


■水中カメラを手に入れた!


この水中カメラと夜間潜水装備一式を頼んでいたようですが、
なんだか忘れていた感じですな(笑)

だめじゃん、商売人ww
忘れてないと言い張ってましたが。

どうだかww
古いタイプのカメラにけちを付けられていましたが、
安くする事で手を打ちました。


このカメラを使うと海の中で写真を撮ることができます。
写真撮影の仕事もありますからね。

まあそれはそのうち出てきますよ。
夜間潜水装備はメインストーリーで必要になるので、
今は手に入らない、と。

まあそのうち。


そして、ナンシーさん去る。
(´∀`*)ノシ バイバイ



さて。
次はどうするのかな。
とりあえず情報収集として周りにいる二人に話しかけるか。
まずはオセアンヌに・・・ん?


■マップの調査依頼報酬 1550Pを受け取りました


お金くれた。
あ、この「P」がお金らしいよ。
最初気づかなかったけどな(笑)

でもナンシーに拾ってきた物鑑定したら
鑑定代を支払ってみてもらった後ポイントが貯まってたから。

あー、これお金なんかなーって。
ちなみに鑑定した時点でポイントが支払われるので、
売る売らないの選択はないみたいですよ。

拾った物集めて飾るとかそういうのはないのね(笑)
(・д・)チッ



話それましたが。
オセアンヌがくれたポイントはマップの調査代。

海に潜るのにマップ出てきますね。
あれ、新しい場所に行くとマップの表示が広がっていきます。
一つの場所のマップが全部表示されたらそのマップは完成。


この完成したマップを売り出してみないかと誘われました。
まあどっちみち潜るんだしいいんじゃね?


そして私はマップは全部埋めたい派です( ー`дー´)キリッ



マップ埋めてお金ももらえるし、いいんじゃないですかね。
マップは完成する前に埋めた率で報酬が出て、
全部埋めたら別にボーナスポイントがもらえるようです。


初めて潜る人にマップがあれば手助けになるし・・・
何よりRARの経営の助けにもなるし・・・・


ってもっともらしい事言ってますけど、
だんだん欲にまみれているような気がするのは気のせいじゃないな(笑)

まあ反対する理由もないし、これイベントなので。


このゲームには大きく分けてイベントが二種類あります。


・メインストーリー
・サブストーリー


今回のはサブストーリーの方ですね。
メインストーリーはそのまんまゲームの本編なので
勧めないといけませんが。


サブストーリーはやるもやらないも自由です。
まあ私は出来ることは全部する主義ですが(笑)


サブストーリーは発生条件がさまざまなのですが、
発生したかどうかは島のテーブルにあるメモ帳でわかります。

まあ島にいるメンバーに話しかけたりすると発生するので。
あまり気にしたことはないんですが。


何はともあれ今回もさっさと受けておきましょ!

・賛成する
・賛成しない


賛成しないとイベントが起きませんが!
時々島に帰ったときにオセアンヌに話しかけると
マップの完成度に応じてポイントをくれたり、
完成したらボーナスくれます。

せっかくなので応援してあげましょう!


またそれぞれの地区に名スポットとかあります。
それを探しておくとオセアンヌがガイドしてくれますよ。


■サブストーリー 業界No.1への道
  第1話「新たな商売」クリア



さて。
イベントも受けましたし、メインストーリーを進めましょう。
勧めないといける場所も増えないしね。

ちなみにキケロスに行く時以外も別の場所に行く時には船をぽちっと。

船にポインタを合わせてaボタンを押すわりに、
行くのは飛行機です(笑)


船で本島に渡りそこから飛行機で移動するらしい。
また飛行機を利用する移動は日付が次の日になります。


このゲームの日付は地味に関係するので気をつけて。
特にこの後で出てくる様々な依頼の締め切りが
○日以内とか条件があるので、飛行機の移動で一日消化する事を
覚えておいたほうがいいですね。


締め切り破っちゃう事もあるから(b´∀`)ネッ!
期限付きの依頼は移動時間を考慮しないとだめやね。


(・◇・)ゞリョウカイッ



さて。
ワールドマップのNEWマークの付いてる

「エーゲ海 キケロス海峡」

を選択すると・・・おお、地球儀がぐるりとまわる。
かなり遠いのか・・・。


■エーゲ海キケロス海峡 暗礁海域

エーゲ海キクラデス諸島の辺境の島に挟まれた海峡。
ダイナミックな地形と大型のサメがダイバーに人気がある。
数多くの沈没船が存在し、お宝を狙うサルベージャーが
世界中から一攫千金を夢見て集まる。


って書いてあるけど。
またサメか(笑)
サメが出るのか・・・!いいけどさ。

ほほぅ。
多くの沈没船が存在し、お宝探しのサルベージゃーが多く集うと。
いいねぇ・・・お宝探し♪


大好物(笑)


この海にお城が沈んだのか・・・自然現象なのかな。
地盤沈下?

でも伝説にはくじらの文字があったしな・・・不思議だなぁ



移動してくると皆さん最初から船に乗ってます。
飛行機で移動してきたので船は借りたんですかね。



おじいさんの解説ではこの辺はキケロス海峡といって、
有名な暗礁海域らしい。




スポンサードリンク