幻想水滸伝2プレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク



そんなわけ(?)でアイテムとかアイテムとかアイテムとか(笑)漁りまくったワタクシ。


メインメンバーの6人は最初から決めてたから問題ないとして。
とりあえずフリックとビクトールははずせないし。


性格はともかく(笑)戦力としては超お役立ちのルックはもちろんはずせないし。


・・・ただこの超お役立ちの彼のおかげで後でえらい目にあったりするのだがそれはまた後程。
彼に会うためにやり直したからには入れなくちゃ!!の坊ちゃん。


残り一人は・・・魔力で言えばリィナなんだけど・・・?
でもここは一つ。愛がなければ使えないだろうシーナさんでゴー(笑)



いやだって彼めっさ中途半端なんだもん。愛がなくちゃね(笑)

まあ鍛えればそれなりには使えるけどそんなずばぬけて戦力や魔力があるわけじゃナイし・・・。
やはりこれは愛ゆえに(笑)



さてさて。

今度は紋章を振り分けないと。
雷鳴は二つしか結局ゲットできなかったしなー。


流水と烈火はそれこそ余るほどに取れるからいいとして。


雷鳴はもちろんフリックには欠かせないでしょ。あと坊ちゃんに。
シーナは烈火と流水そして雷。ルックには旋風と流水と覚醒。

坊ちゃんにも流水を付けてと。


あとビクトールとフリックには怒りの紋章をつける。
いやはや暴れまくり(笑)


その暴れん坊ぶりで突撃しましょうか。


途中の回復には料理でアイテム確保して・・・と。

他に流水の紋章を札に変えて回復持ってないメンバーに装備させて。

ついでに言えば流水も持ってるけど一応烈火で全体攻撃させようと思ってるから
なるべくアイテムで回復はすませたいのでシーナには回復系の札を装備。


さーて。これで準備万端。いっちょがんばろっか!?




てなわけで乗り込んだルルノイエ。

出るわ、出るわ。途中でわらわらとハイランド兵が。
それをオートで叩きのめす・・・と。


そのうちに一人のおっさんが登場。←おっさん言うな


シードに会いに行く邪魔スンナ(笑)

と、思っていたらああこの人が主人公の育ての親のゲンカクの片割れか。
一騎打ちはあっさりと決着付いたんだけど。


その後のセリフがまた。
なーるほど。


そもそもこの輝く盾の紋章と黒き刃の紋章は一つになって初めて一人前って事?

分かれてる間はお互いが争いあう上に力使うと命削っちゃうってワケ?
で、一つにする方法っていうのがいわゆるどちらかが命を捨てる事になるのか。


・・・ああ。なるほど。

君らはそれができなかったのね。
だから主人公等に申し訳ないのか。

でもまあ・・・それが普通なんだよね、きっと。

それがわかるから主人公とジョウイに自分達が出来なかったことを押し付けた事がつらいんだな。
まあそれを乗り越えるのが主人公様のすごいトコね(笑)



そんなわけで待望のシード。+クルガン←おまけかい
すみません。私めさめさシードラブです。


待望のシード・クルガン戦ですが。

レベル高すぎですか。あっさり終わってしまいました。


攻略本にシードからがオススメとあったので腐れ縁でがんがんにやってもらったらあっさりと。
あらあらまあまあ。

協力攻撃自体が反則的に協力な上に二人とも怒り状態なのでさらに倍(笑)
もう二人して容赦なく叩きのめしまくり!!

うっしゃーーーー!!この調子で本番もよろしくね!!




・・・そう思ってたんですけどね・・・。
いざ獣の紋章と対決したとたんイキナリ。イキナリですよ。


おいおい。ビクトール何状態異常になってんだよ(笑)


なんかぴよぴよしてる(笑)
協力攻撃のためにアナタ連れてきたのに意味ないじゃん。


まあそんな事言ったかてなっちまったもんはしょーがないし。
ここは一つ。

魔法で行ってみましょう、フリックさん。
でもかなり戦って初めて攻略真面目に見て知ったんですが。


前にいる紋章ぶったたかないと残りにダメージもってけないってのは知っていた。
・・・が、しかし。この紋章が魔法に強いって事は実は見てなかったので知らなかったり。


中途半端に攻略見てんじゃねーよ(笑)

まあなんとかなるんじゃないかな・・・って←だあほ
なんとかならなかったんだなー、これが(笑)




そう。
このゲーム直接攻撃ってボスにはあまり有効でないので
はなっから魔法でがんがん攻撃してたのでした。


魔法が尽きるっつーねん!!

とりあえず紋章をなんとか撃破!!
次はどれよ?って事で状態異常かましてくれる左足?だったかな。

集中攻撃しつつシーナは烈火の紋章で全体かましてくれ!!


いやほとんど回復ばっかしてたけど。

つーか実はビクトールと同じく状態異常にイキナリなって役に立ってなかったとも言うけど(笑)
そんなお笑いなアナタが好き(笑)



ぎゃーーーーーーーーーーー!!


月は!!月はいーから!!やーめーてー!!と叫んでいたり(笑)←やめてといって止める敵がどこにいる


この攻撃はキョーレツですな。

次のターンはシーナと主人公が総回復にまわっちゃいますよ。
他のメンバーは攻撃。


・・・などとちんたらやってたんですが。
いまいちよくわかってなかったんですよね・・・。

そしたら紋章復活しやがりまして。
でも攻略に二度目は他の所に攻撃OKってあったんで全体魔法とかかましたら。


・・・なんだよ、効いてないじゃん。


仕方ないな・・・もう。

紋章からやりなおしかい!!とぶりぶり言いながらターンを待つ。
いや自分のせいなんだけど(笑)

そして自分の行動選択して。







一番早いルックの切り裂き・・・・あれ?れれれれ?
ちょっと待ってよ。なんで魔法が味方に炸裂してんだい!?(笑)


そう。そうなのでっす!!

実は忘れていたりしたのですがルックには覚醒の紋章をつけていたのです。
あれって運が悪いと暴発する・・・こともあるって奴だったような・・・?

その運が悪いと・・・にばっちり当たってしまったのが私・・・なのね(笑)


その時の身内に言葉。
私は一度も暴発なんてしたことないよ?


・・・悪かったよ(笑)


運のない奴で!!いや、それともソレ程に日ごろの行いが悪いというのだろうか。
それなら納得できる!←オイオイオイ

いやでもマジで(笑)


冗談はさておき←どこまでがだ(笑)


暴発してしまったその後は主人公と坊ちゃんのみが瀕死で立っておりました。
他のメンバーはその前に攻撃くらってたんであっさりやられましたね。

いやはや・・・もういーけど・・・。
そしてその後また攻撃くらって見事に全滅しましたよ、お客さん!!←誰がじゃ


・・・はい、リターンマッチいこっか(笑)←開き直った模様








そんなわけで二度目にトライっス。
・・・ムナしい(笑)


今度はちゃんと考えて!!

とりあえず当面の紋章相手は腐れ縁でGO
さっきは一度目の状態変化攻撃であっさりやられちゃってたが今回は耐えた模様。

その代わり坊ちゃんが魔法使えなくなってたけど(笑)
それは主人公の紋章で治せ!!


だから!
月はやめろっちゅーに!!

毎ターン襲ってくる状態変化にどきどきしつつ(笑)←ビクトールかフリックにかからないよう祈る
ルックは雷で。坊ちゃんはソウルイーターで。主人公とシーナはたいがい回復で(笑)

フリックとビクトールが協力攻撃!!
はいはい。紋章打破!!

さー、さくさく行くぞっっ!!


つぎはお前だ!!状態変化はよせっつーの!!
毎回どっきどきさー(笑)


てなわけでシーナに烈火で全体攻撃。

ルック・フリックは雷。坊ちゃんはソウルイーター。主人公は回復(笑)
怒涛の攻撃で左足ダウン!!

ついでに右もしばいたれ!!したらば紋章復活はできないし。
だんだんやけっぱちになってきたとかいないとか(笑)


右足・左足がいなくなって攻撃が減ってしまって実はかなり余裕がある事に気づく。

まあね状態変化って地味だけど実はいやんな攻撃だしね。
そんなわけで後はシーナの全体攻撃と坊ちゃんの全体攻撃とルックの全体攻撃で。

主人公はやっぱり回復だけど(笑)


フリックが雷に移ったのでビクトールがいらなくなったりとか(笑)

地味に打撃でちくちくと←マテ
いやせっかく魔法使用回数が残ってるからどーんとLV4魔法使っておこうかなーと。


そんな事思ってたら・・・やっつけてしまいました。

さっきの苦労は一体なんだったの・・・?
そう思わずにはいられないあっけない決着だったのでした★








と、まあ。

最後の戦いのオチはこんなカンジだったんですが。

そんな事はどーでもいいわけで。
さて。

国のトップになれっつーお誘いを無下に却下しさくっとジョウイのもとへ。
ナナミ復活ももうすぐよーーーーーーーーー!!←ジョウイは!?


つーかさ。
ジョウイ君もわからんちんだねえ。

嫌だっつーたら嫌なんだよ、きっと。

友達ならどういう奴かわかってるでしょ。あきらめて一騎打ちやめてくんない?
防御ばっかりしてるとそのうちぼかっとやりそうになるから(笑)

やられるとやり返したくなっちゃうんだよー!!


そしたらナナミが復活しなくなっちゃうジャンか!!←だからジョウイは






いやいや。マジに殴るコマンド入力しそうになりました。やべやべ。


どーにもジョウイさんが主人公の手であの世に送ってもらいたいみたいなんで。
それも友情なのか?そんな甘ったれた友情なんぞいらんわ!!

と、言ってやりたくなる薄い自分がいやん・・・(笑)


いや彼も一生懸命なのはわかるんだけど。

へたにそれなりに生きてるとナナメな見方ばっかしちゃうようになるんだよね。
ここで素直に感動できるほど若くはないって事か。寂しい(笑)


それにしてもレックナートちょろちょろと要所要所だけ出てくんじゃねーよ。
実はアンタが一番怪しいんじゃないか?

最近思うけど。身内の言うように本とのラスボスアンタだったら怖いな(笑)


さてジョウイと二人山を降りるとそこにはシュウが。


つーかさ。

ここの会話でシュウナナが生まれたのかしら?
どうなのかしら。

わたしだったらここの会話で考えるかも(笑)←いや別に考えなくても


てなわけで。
ようやくクリアです!

初めてプレイした時から今回まで。
実に数年たっております。時間かけすぎっス(笑)

今回は本当に大団円でありますな。身内曰く前作と同じノリだったら意味ないっしょ?


・・・まあね。


そりゃまあね。たしかにそう思うけどさ。

けどけど主人公らがああで坊ちゃんがこうだと・・・なんか悲しくてな。
実は今回ジョウイが実は坊ちゃんに少し役柄重ねてあったのかと思ってたり。

ジョウイも坊ちゃんも自分で選んで自分で戦う事を選んだ。
自分の為に。誰かの為に。

そして坊ちゃんはたくさんの物をなくしてジョウイは全てを失った。


主人公はたしかに同盟軍のリーダーだったけど結局最後までジョウイと戦おうとしなかった。

戦争はしたけど直接彼と対面した時に本当ならさくっと殺っちまう(笑)べきだと思うのね。
だってお互いチャンスだと思う。その信頼ゆえに。


ただ二人が二人ともそもそもこうなるキッカケがお互いを守りたかったからというところにあって。

大切な人をその手で守る力が欲しかったからという事があって。
だからジョウイは自分のやり方でその力を求めたわけだし。

主人公も自分のやり方で大切な人を守ろうとした。
それなのにどうしてこうなったんだろう?

それが本当の気持ちだと思う。



ただ背負った物がお互い大きすぎた。

それだけの物を背負え得る器がお互いにあったという事がこうなる運命を呼んだのかもしれない。
そのへんはどーとも言えないけど捨てることも逃げることも出来るけどそれが出来ないという事。


強さであり弱さでもあったに違いないけど・・・まあ終わりよければ全てよし(笑)



何があっても主人公はジョウイの味方。
ジョウイは主人公の親友。


主人公の中でどれだけ時間がたっても二人の距離が離れても変わることのなかった真実。





紋章に力を求めて実は支配されていたジョウイと違って主人公は自分を渡さなかった。

ジョウイは行動力もあって信念もあって強い人だと主人公は思っていたのかもしれない。
でも実は誰よりも弱い人であることも知ってるのかもしれない。


ジョウイはこうなった時には主人公と決別する事もすでにあきらめていたし。

中途半端な状態が苦しくてつらくて主人公とひたすら決着をつける事を望んでた。
それは自分がラクになりたいという思いもあったと思うし。


それでも主人公は変わらなかった。


だからこそのラストの奇跡。

けれどそれは主人公だけが起こした物ではないんじゃないかと思うのは私だけ・・・?

主人公は変わってしまったように周りが思っていたジョウイがどんな人かよくわかってた。
逆に相手がジョウイだったからこその信頼と友情があったんじゃないかと。


だからこれがもし他の誰かであったら主人公の中にもしかしたら少しの疑心が生まれてたかもしれない。
そんなささいな疑心でもこの奇跡は起きないに違いない。



ナナミが誰よりも守りたいジョウイと主人公だったからこそ。

ジョウイが誰よりも守りたい主人公とナナミだったからこそ。
主人公が誰よりも何よりも一緒に生きていきたい人だったからこその奇跡だと。


三人でいろんな所に行っていろんな物を見て。
けれど生まれたすれ違いはそんなすぐに解消される程現実は甘くないかもしれない。


だけど三人の心のソコにあるものはあの日と何一つ変わってないはず。

ただすこし忘れそうになっていただけで。
きっと思い出せる。あの日あの時それぞれがお互いを信じた真実を。



幻想水滸伝2・・・・・・・・・・・・・・終了


★★★最初から見る方はこちらから★★★


スポンサードリンク