ポケモン不思議のダンジョンプレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク




荒れ果て谷に行く前にレベルアップを少ししたのですが。

あまり変わらない感じがしたので(笑)
というか、もう少し人数増えて欲しいなぁ( ゚д゚)


というわけで、とっとと荒れ果て谷に来ました。
ダメっぽっかったらまた考えようww


と、言ってるとレベルアップ!

新しい場所で敵も一新されたので経験値が増えたのか。
ただ攻撃の猛攻加減も増えたがww


とりあえずピカチュウの技頼みです( ー`дー´)キリッ


でんこうせっかを覚えたので…何か忘れないと。

とりあえずなきごえはもういらんかな。
使ってないし(笑)


「でんじは」は攻撃じゃないけど相手のスキルを封じる事が多いので
何気に役に立ちます。


ミジュマルもレベルアップ。
うーんどうしよう。


きあいだめを覚えました。
攻撃スキルじゃないから別にいいかな。


気がつくとなんか「やけど状態」になってるww

あるいても戻らないのかな。
仕方がないからアイテムで直す。

うーん、状態変化を直すのもそろそろそろえておかなきゃ。


あ、準備はして言った方がいいです!

ここは長い。
長いんじゃ~・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン


8階ありますから、ダンジョン。

その間スキルの回復とかアイテム預ける所とかないです。
手持ちと途中で拾うのでなんとかしなきゃなりませんから。


とほほ


なんとかたどり着いたようでイベント。
さっきの二匹とノコッチです。

ふいにノコッチがぴたりと足を止めました。
それに気づいて二人が振り返ります。



えらーい。
よくそこに気がついたな(・∀・)褒める



ぴゅーっと走り去ろうとするノコッチ。
だがしかし。
悪者がそんな簡単に見逃すわけなくね?



そこへ…



ヒーローキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!

ナイスタイミングだ、エモンガ。
お友達のエモンガさんです。



そこに我らが主人公ら。



ようやく来ました(笑)


多勢に無勢が逆転したと思っているエモンガさん。
しかし・・・相手はひるむことなくいやな雰囲気。


そこで主人公ははっとします。
まさか!



呼びかけにどこからか声が響く。



純粋(単純とも言えるかもしれないが)なポケモンたちは
考えもしなかったようだけど、この手の悪人は
保険の保険までかけているはず。


自分が絶対に負けない状況に相手を引っ張ってくるのがセオリー。
つーことはあれか。

確実に仲間いるよね(゚Д゚)ゲフッ



慌てるエモンガとミジュマル。
あ、でもぐるりと囲んだのは総勢六匹ですか。


もっとずらっと出てくるんだと思ってたよww

普通はそうだけどな(笑)
それだと設定的に困るのでねw



徐々ににじり寄ってくる敵に苦虫をつぶしたような顔で
前を睨みつけるしかない。



ふいにそんな声をあげたポケモンがいました。

それは、そう。
おくびょうで逃げ続けていたノコッチなのです。



ぐるりと目の前に迫ってきた敵が今にも襲いかかろうとした時、



ああ、うん。
来ると思ってたw




突然登場したビジリオンに驚きを隠せない。


主人公たちを囲んでニヤニヤしていた敵に逆に聞く。
どっちが囲まれているのか、と。



すると、そこでどこかで聞いた雄たけびがww



「ドテッコーーーーーーーーーーーーーーツ!!」


Σ(゚Д゚;エーッ!
お前か(笑)

ドテッコツ!!


なんとも力強いドテッコツとドッコラー。
うん、お客だもんね(笑)



あ、コマタナ兄弟に怒りのマーク(笑)
そう、悪者は悪い事をしてるくせに怒るのです(笑)



めげてませんね、悪者ww



う わ あ


そのまま戦闘画面かw

気付かずaボタン押したらただ殴ってしまったww
みんな気を付けてね(笑)


セリフをaボタンで次に送るつもりで押したらすでに

戦闘画面じゃね?


みたいな。


うーん、ようやく見せ場来たな!ドテッコツ(笑)

前を向いて歩くと決めたノコッチの為にも
この戦いには負けられない!!!

(ストーリー的にも負けられんがな)


スポンサードリンク