ルーンファクトリー3プレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)



スポンサードリンク



片手剣15 両手剣17 槍スキル14 オノ・ハンマースキル12
双剣スキル12 拳8 農耕スキル29 伐採スキル25 採掘スキル19
釣りスキル12 料理スキル19 鍛冶スキル12 調合スキル16 細工スキル7



装飾下級レシピパン⇒皮のベルト
装飾下級レシピパン⇒安物の腕輪
装飾下級レシピパン⇒アクアマリンの指輪
装飾下級レシピパン⇒集中のイヤリング
装飾下級レシピパン⇒エメラルドの指輪
武器上級レシピパン⇒ウォータースピア アイアンエッジ
武器下級レシピパン⇒シーカッター
武器下級レシピパン⇒ニードルスピア
武器下級レシピパン⇒ポールアックス
武器下級レシピパン⇒アイスロッド
武器下級レシピパン⇒こんぼう


ほほぅ
ぼちぼち覚えてくれましたネ
ちなみに宝石の指輪はカリンさんが喜んでくれます。



>>>ポスト依頼

ペルシャ:困ってる

タスケテ。


そのまんまじゃないっすかww
どーしたお気楽極楽娘。


風呂場のモップが壊れそうなんだけど、丈夫なクモ糸で補強できる。

買い変えたらって言ったらダメなんだって。
まあ物は大事にってのは基本だよね、うん。


了解採ってくる。

しかしどこだろう。
プリベラの森にクモいるけどあれかな。


大正解(・∀・)
森のクモで丈夫なクモ糸でた。

ちなみにキレイなくも糸もでます。
そっちじゃないです。

で、ペルシャに渡しに行ったらお礼に

丈夫なクモ糸くれました。



え?Σ(゚Д゚)

思わず確認する主人公様。
欲しかったの丈夫なクモ糸じゃなかったっけ。

なんで持ってるの(笑)
持ってるならそれ使えよ。

とかいろいろ良いたいがまあペルシャなので仕方なし。



>>>掲示板依頼

カルロス:調子はどうだ?

お前に渡したいものがある。
一人前の釣り師になれよ。


この依頼はイオンのヒロインイベントを続けて行く上で必須です。
出てきたらとっとと済ませましょう。


イオンとカルロス兄さんが主人公の話題で盛り上がったとか。

まあイオンさん主人公を弟子だとか言ってたからねぇ
腕が上達したとか言ってたから釣り好きのおにーさんも黙ってられん。


銀をくれました。

上位釣りざおはチャージが出来るので遠くまで飛ぶのです。
なるほど。

まあまだレシピがないんですが、買ってないから(笑)
買ってみた。


農耕29の釣り12でいけるか?

農具上級レシピパン⇒初心者の釣りざお


一個しか覚えなかったという事は…まだ足りないって事ですね。
とほほ・・・

まあ釣りざおだけは来たしいっか(・∀・)


あら、初心者の釣りざおじゃまだ銀イラネなのね。

キレイなクモ糸がいるのか。
プリベラのクモでもどついてこよう



嵐で畑が荒れたりして放っときでしたが。

トゥーナに近づくな宣言をされてから話しできません。
なんとかしなきゃ。

そんな時。
ガジさんから依頼が届いています。


>>>ポスト依頼

ガジ:トゥーナのことだけどナ

ちょっと来てくれるカ?


行きます。

だからなんとかしてください。
ガジさんの所に行くと、


じゃあ行こうかって。
だからどこへww


とりあえずソル・テラーノ砂漠の泳ぐ砂原でいいか。
えーと。

夏のダンジョンですね。
オレンジが成っている所から下に降りた所です。


ガジさんがいきなり語りだすんですが、
主人公いまいち言ってる事がわかんなくてはてなマーク。


つまりはじっくりゆっくり時間をかけて攻めろって事ですね、わかります。
え、違うかな(笑)


人よりかたくなだけど、変われないわけじゃない。
結局トゥーナさんの事を話しにきたんですね。


また手伝いにきてくれよ。

店番に。
でも近づくなって言われたんだよねぇ


トゥーナの奴、
ここんところぼーっとしててな

たまーに手を休めたと思うと窓の外ばっかり眺めているんだ
誰を待ってるんだかな


えっΣ(゚Д゚)


驚く主人公様をよそにガジさん帰ります。

えーっ
なんてマイペースなww



>>>掲示板依頼

ソフィア:何でもないから

誰か、手を貸して……。


ソフィアを訪ねて自宅に行くと、

美しい美しいと連呼の声が聞こえますが・・・なんじゃい?


それに対してソフィアが反対語で答えているので・・・えーと。
ああ、素敵って所は反対語だったのでキモイとかウザイとか


これも反対で大好きなので大嫌い。
もっと近くにはアッチイケですね。

でもそんな事ソフィアを口説きに来た男はわかんないっす。
なんだかなー


そこにカリンが登場。
主人公もびっくり。


カリンさんも掲示板の依頼を見たらしい。
カリン本音隠せよ


そこにソフィアの悲鳴が。

ああ、完全に勘違いした男がその気になってる。
まてまて。


とりあえず主人公、二人の間に入って
その人真逆な発言しちゃう人なんですよ。


そう説明したんですが、馬鹿な男は耳を貸さず。
切り捨てろ(・∀・)


ボクのドリームの邪魔はさせないよだって。
だから切り捨てろって。


ごくごく普通に働き、そこそこ稼いで
彼女のような素直で美しい女性と、
幸せな家庭を築く、そんなドリームをね



だーめだ、こりゃ。

このままじゃらちがあかん。
そこでカリンがソフィアが欲しい物を採って来いと。


それに何の意味があるのか男が問うと、

で、主人公も同じものを持って来させて、どっちの言い分が正しいか
確かめてみればいいんじゃないかと。


なるほど。

わかったようなわからんような。

プリベラの森では取れないりんごを持ってきて。


はいはい、プリベラの森で採れるりんごですね。

はいどーぞ。
ぼこぼこ叩かれながらとってきますた。


そこに男乱入。

プリベラの森のりんごだろう。
プリベラの森では取れないと言ったから、お前は失格だ。


だ か ら


プリベラの森で 「取れない」 が逆の意味。
つまり逆の言葉を口にするっていう主人公の言い分が正しい。


だから(・∀・)カエレ!!



なにはともあれ付いていけないとようやく気付いた男は
ダッシュで去っていきました。

なんて根性のない。


いろいろありがとう。

もう来ないでねっという反対語のソフィアのセリフに
主人公は明るくうんと応える。


それに一瞬表情を曇らせたソフィアだったが…。


それじゃあまた来るよ!


と、にこやかに主人公は応えたのでした。

報酬はアメジストの指輪でした。
これはカリンにあげるかなぁ・・・


とりあえずソフィアが嬉しそうでした。

いつも反対の事ばっかり言うので皆面倒になったりするんですね。
わかるわー(笑)


でも主人公はそんな事もう慣れて関係なしっ
そんな所が嬉しかったりしたんだね。


つーか素直に言えばいいんじゃねとか思うのですが(笑)



>>>ポスト依頼

ダリア:体力のある助手を1名募集

棚が壊れちゃった。
修理を手伝ってくれる助手を1名募集中。


ダリア姐さん、何壊してんですかw

仕方がないので姐さんの所に行ったんですが、相変わらず。
人の話を聞かないなぁww

つーか助手になった覚えはないですって訴えても

それはともかく


とか話聞いてないよ(笑)
いやまあいいけど。

棚を直せばいいのかと思いきや、棚の修理の材料を取って来いと。
まあ修理はそこは芸術がうんぬんかんぬん。


芸術とたなとどう関係がw


まあプリベラの森に行ってこよう。
欲しいのは鉄と木材らしいので。

どっちも森で捕れる。


特に鉄は敵もいるので強い所だと敵のせん滅が先だ罠
森ぐらいならスルーでも可☆


お礼は銅二つと銀一個。
サンキュー