記憶喪失が発覚した主人公を導いたのはヒロインのシアさん。
つーかなんでこんなにマイペースなのww



スポンサードリンク


気がつけばいつの間にか街に住む事が決定してますね。
いや、まあ行く所もないので非常に助かりますが。

なんというマイペース。


今回主人公が住む事になった家は街のシンボルであるシアレンスの樹。



…の中にある家(笑)
樹の家なんて素敵~w


と言う前に火を使ったら燃えませんかネ
禁句か?

家の住居部分の説明をしてもらった後は一階におります。
下は畑になっています。


ここは村の唯一の畑らしいです。
今まではあれか。
近隣の町や村から取りよせか。


広いが荒れ放題やなww
家賃だと思って綺麗にしてねwだってー


引っ越し祝いだとボロのクワとボロのジョウロをもらいました。
せっかくだから耕してみますか?


そう問いかけられた瞬間にいきなりモンスターが襲いかかってきた。
どこにいた、おまぃら。


やっつけたのもつかの間。

またもモンスターが襲いかかってきます。
今度は二匹です。


その時


「これを使うんダ!」


一人のお兄さんがそう声をかけてきました。
ここで武器を選びます。

この武器はタダでもらえる武器なので好きなのを選びましょう。


・片手剣にする
・両手剣にする
・槍にする
・ハンマーにする


一番攻撃力は弱いけど使いやすいのは片手剣です。
これお勧め。

他のもスキル的にあげなきゃだけど結構面倒(笑)


決めるとお兄さんが投げてくれます。
素敵にキャッチしてモンスターを倒しましょう。


このお兄さんは鍛冶屋のガジさん。

どうやらモンスターがまた沸いたのでトゥーナさんが呼びに行った模様。
お礼を言ったら黙って去られてしまいましたww


しかし、案ずることなかれ。
そういう人だからな(笑)



鍛冶屋チームが帰った後は畑作業のレクチャーに入ります。
シアさんが手とり足とりではないですが教えてくれます(笑)


まずは畑を綺麗にします。

どうやったのか知りませんが畑の一部に雑草が生えます。
それをaボタンで全部取ります。

同じものなら続けて押しても大丈夫。
9個まで一度に持てますからね。


次はボロのクワの装備です。

Lボタンを押すとメニューが出てくるのでその中からクワを選んでaボタン。
耕したら今度は種をまきます。

Lボタンです、Lボタン(笑)


次はジョウロを装備して水をやります。
先に水をくんでからですがね(笑)


次は収穫。
またもどうやったのか聞いたら駄目ですね的に、
トイハーブが生えています。

ただ9マスのうちの3マスだけなのは甘やかしは駄目だからだって。


いいじゃん(笑)


次は沸いた木材を木材置き場に居れます。
頑張ったご褒美に500円と種をもらいました←円じゃねーし


最後に左上に出るHPのバーとRPのバーの説明が。
これはなくなると倒れるのでちゃんと説明聞きましょうね(笑)



さて。
せっかくだからもらった種をまきましょうか。
耕していない畑には雑草が生えます。

また色のついた草も生えます。
これらは摘んで出荷するとわずかばかりですがお金になりますよ。


また草を摘むと種が出てきたりするので種代の節約になります。
積極的に摘む事にします(・∀・)クワッ



懸命に摘んでいたら時間がたってしまうので先にシアさんの所に。
さっきレクチャーの最後に伝えたい事があるから自分の所に来てねって


シアさんは街の花屋さんです。
自宅から南に向かいます。



花屋さんに入るとシアさんが出迎えてくれます。
シアさん家は花屋さんなんですが、風変わりな種もあります。

育つと主人公の補佐をしてくれる種なんですね。


戦ってくれたりとか。

まあ現実ではありえないあれあれですよ(笑)
と、その時。


なぜかシアさん家で戦闘の音楽が(笑)

どうやらこの家の問題児のシアさんの妹さんが現れたようす。
この子ひどい人見知りでとりあえず噛む(笑)


やめて(笑)
おちつけ、モニカたん。

主人公をやっつけたかったようです。
なんでじゃww

あ、なつくと可愛いですよ。
そのうちな


かまれないように気を付けてねってその注意もどうかとオモウヨ
アクティブシードっていうみたいです。
一個くれました。

一緒に戦ってくれる植物ってのも不思議だネ



あと最後に掲示板の説明です。
掲示板には街の人たちからの依頼が載ります。


これをこなしていくとお礼がもらえたり仲良くなったりします。

これは仲良し度が上がっていかないと出てこない依頼もあるので
頑張って仲良くなりましょう(・∀・)ネ


おためしって事でシアさんが依頼を出してくれたようです。
さっそく受けてみましょうか。



>>>掲示板依頼

シア:はじめての依頼です

お引っ越しおめでとうございます。
わたしからのはじめての依頼です。
わたしのところへ来て下さい。


シアさんからの依頼は村の人へのあいさつ回りでした。

ちなみにダリアさんという子は村の外に住んでるのでうっかり
忘れがちなので注意なんですよねー

まあどちみち変な子ですが、ええ。



あいさつ回りっと言う事で、主人公の自宅から右手にある旅館へ。
入ってすぐにピンクの頭をした女の子が飛び込んできました。


「いらっしゃいませ。
 お風呂ですか?
 それとも、入浴ですか?」



その選択どっちも同じじゃないですか。

なんか無理やり連れて行かれそうになった所に、
さくやという女の子が待ったをかけてきました。


お客さんがこまってるやないの~


うん、まあ。
確かに。
話聞いてって感じ…ってお前もかΣ(゚Д゚)


うん、つまり。
お風呂担当がピンク頭の子

旅館担当がさくやってこ。



まあどちみち話聞けやww
そんな二人に突っ込み入れたのがさくやさんのおかーさん。
しののめさんです。

や、マジで話聞いてくれませんが、この二人。
教育し直してちょーだいww
まあそれもそれで可愛いがな


ここのお風呂は一日一回体力回復してくれます。
まあ有料ですが。


で、さくやさんは旅先で手に入れたアイテムを売ってると。

このアイテムってのはモンスターが落とす系のアイテムを
日替わりでランダムに売ってるんですね。

欲しいものが手に入らない時にはここを見るのもいいかも。
まあ自力でそのうち取れるでしょうがw



次は食堂へ。

入るとまるっこいおっさんが暴飲暴食しています。
この人話す事があまのじゃくで反対の事を言う。


美味いとまずいという変な人です。
そんなおっさんと一緒に食べているのはこの食堂の
一人娘のショコラさん。


大食いなんですよねー


そのショコラのおとーさんがグルテンさん。
あまのじゃくっぷりにはもう慣れたもの(笑)


そこに登場したのは弟のラスクくん。
あんなに食べてるのになんであんな小さいのかと。
それは禁句です(笑)


弟君いわく、そして地獄耳だそーです(・∀・)イヒ
悪口はよく聞こえるものですよ、ええ。



お次はこれからお世話になるだろう雑貨屋です。
種を買うのはここですから。

ずっとお世話になりますねっ


あれ、そのうち自宅で種取れるんかな。
まあいっか。


雑貨屋に入ったら、…うん。
寝てますね(・∀・)


「本日の営業は終了しました。」


って店の子に言われたww
えっ今来たばっかっていうかまだ昼間(笑)


呆気に取られていたら出入口に女の人。
おかーさんだそうです。

店の主人ですね。


この店のおじょーさんはキングオブメンドクサイなので、
心からやる気がありません。

すぐに寝ます。


そんな所を見抜かれて主人公の担当にされました(笑)
まあ頑張ってよ。

めんどくさがらずに説明しなよって。


この雑貨屋が主人公が出荷した作物の換金もしてくれるからです。
出荷物を引き取りに来てくれます。


主人公がする事は作物をっくり、出荷箱に放り込むだけ。
便利ですねー



次は病院に来ました。
魔女が営む病院のようです。

ばーちゃんと孫。
この孫もかなりのぶっとび・・・つーかぶっとびしかおらんのか(笑)

いきなり手持ちのでかい注射器(アレ注射器?楽器かとおもた)を持ち
主人公ににじり寄ってきた。

ばーちゃん止めてくれてありがとー



今度は町一番の金持ちの家に。

さっき食堂でガツガツむさぼり食っていたおっさんがいます。
まずいの連発は逆の意味らしいです。

へんなおっさん


つーか会話がうぜぇ(笑)

この父と下の娘が同じように逆のことばかり言うんですよ。
つまり美味い物をまずい。

すきをきらい。


いらっとするわ(・∀・)ネ



これで最後かなぁ
カルロスリゾートという店に。
釣り堀なんですよ。

入ると兄さんとねえさんが何かわからん会話してます。


「いとしいお兄様!お別れの時がきたわ!」
「妹よ!お前を離したくない!
 だが、行かねばならぬのか!?」
「あたいも悲しいわ、お兄様……。
 でも、そろそろ
 なきゃならないの!魚釣りに!」


行けよ


「かわいい妹よ!死ぬでないぞ!
 生きて必ず帰ってこいよ!
 うおおおおおーーーーん。」


ダンジョンにでも釣りに行くのか?


「お兄様……しくしくしくしく。」


えーと。
そろそろ三文芝居は終わったかしら(・∀・)
この馬鹿兄妹は…



おうっ
もういっこあった。

村からイケルダンジョン入り口にプリベラの森があります。
そこにダリアって自称芸術家のねーさんが。

こんなんばっかか、この町(笑)


なんでこんなに自分に自信があるのか、このねーさん。
なんでもかんでも虹色にするのは逆にどーかとおもうよ。


自分の才能にメロメロなんですね。

そのうちばっとファンが詰めかけて忙しくなると仕事ができなくなる。
それを防ぐためには助手が100人ぐらい必要だ!


どっかにすっ転がってないかしら。



ありません(・∀・)
つーかすでに主人公助手扱いなんですけどΣ(゚Д゚)



挨拶してたんですが、どこまでやったかわかんなくなりました(笑)
また明日挨拶していこうと思います(・∀・)



走っていたらスキルアップしてたけど…
あれは歩行スキルらしいです。

あと食べると上がるスキルとか寝ると上がるスキルもある。
そーいや朝起きたらスキルアップしたな。


どんなスキルよWW


あいさつ回り終了。

次は何か出荷して来いと言われたので雑草を(笑)
だって邪魔だったんだもん。


依頼はこれで終了です。

この後から自宅のポストに依頼の手紙が届くように。
掲示板とは別物です。


シアさんの依頼の報酬はサクラカブのたねでした。
明日まこーっと(・∀・)




スポンサードリンク