ルーンファクトリー3プレイ日記です。
ネタバレ考慮や攻略要素とか皆無ですヨ(笑)




片手剣46 両手剣48 槍スキル57 オノ・ハンマースキル41 双剣スキル48 拳スキル32
ファイアースキル24 ウォータースキル42 アーススキル75 ウインドスキル49
ダークスキル28 ラブスキル31 農耕スキル67 伐採スキル54 採掘スキル52
釣りスキル66 料理スキル79 鍛冶スキル63 調合スキル67 細工スキル77
探索スキル29 歩行スキル71 睡眠成長スキル76 食事成長スキル39 防御スキル53
毒抵抗スキル18 封印抵抗スキル02 マヒ抵抗スキル13 睡眠抵抗スキル16



薬学上級レシピパン⇒無敵の秘薬 失敗(ノ∀`)アチャー
武器上級レシピパン⇒ソウルイーター デュランダル
武器上級レシピパン⇒バジリスクファング ヒートアックス
武器下級レシピパン⇒ポイズンブレード
武器下級レシピパン⇒インバイトダクネス
武器下級レシピパン⇒グラヴィトンハンマー
武器下級レシピパン⇒目覚めたボロハンマー
武器下級レシピパン⇒スターセイバー
武器下級レシピパン⇒ディフェンダー
武器下級レシピパン⇒ポイズンスピア
武器下級レシピパン⇒ボルカノン
武器下級レシピパン⇒バイオスマッシャー
武器下級レシピパン⇒サンスパーダ
武器下級レシピパン⇒パイナ棒
武器下級レシピパン⇒ベルゼビュート



>>>ポスト依頼

イオン:言いたい事がある

聞いてほしいんだ。
あたいの気持ち……。


うーん、どんと来い(・∀・)


会いに行くと動揺激しい彼女がいます。
落ち着け、イオンさん。


お前がどうしただよ、主人公。
鈍いにもほどがあるじぇい


デスヨネー
すみません(・∀・)

あ、叩かれた(笑)



暗転。
場所は変わって釣り堀か(笑)


ありがちですね(・∀・)


ふいに背を向けたイオンがぽつりとつぶやく。
そして意を決したように振り返る。

言うだけ言ってダッシュで走り去る。

ぴゅーっ
逃げたwww


走って追いかけます。

主人公、それでこそ男の子。
はい終わりじゃだめだろう、ここで。


いい逃げですか、イオンさん。
まあわからんこともないですがね。



そんなわけで。

イオンさんクエストに連発でした。
次が最後かな。



>>>ポスト依頼

イオン:会いたい

会いたいの。
ただそれだけ。


イオンさんの最後のイベントきましたねー
こないだ逃げちゃいましたからねぇ



ああ、はい。
春のダンジョンのデートポイントですね。


イオンに背中を向けた主人公。


モコモコにへーんしーん。


モコモコの姿でイオンの周りをぐるぐると回り。
そして元に戻ります。


しばしの沈黙。


その言葉にもう一度姿を変える。
すると。


と、涙ながらに訴えられてしまいした。


イオンはモコモコのマイスをぎゅっとしたままわらう。


主人公はそういうと元の姿に戻る。
すると、イオンは真赤になって←まあ元から真赤だが


もー。この照れ屋さんww


これにて糸冬 了…_φ(゚∀゚ )アヒャです。


マリオンのイベントキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!
よしっ
これで最後だっ


>>>ポスト依頼

マリオン:聞きたい事があるから

いろいろと話を聞きたいの。
時間があるときでいいから、
会いに来てちょうだい。


キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!

主人公ばれてるの気づいてませんがね(笑)
さて、病院へ行くか。


主人公の顔色がみるみる曇っていきます。


なんかマリオンが怒りだしましたが。
意味がわかりません。



まて、全くかみ合ってないww


お、言う気になったか?


主人公が切り出しかけたその時


病院に入ってきたのはラスクさん。
あれ。


そう言って急ぎ立ち去るラスク。


表情を引き締めマリオンは駆けだしていきました。

これは追わねば。
主人公が追いかけようと駆けだした時にばーちゃんが入ってきました。


おっけ!!!

とりあえず食堂の二階に駆け込みました。
そこにはベッドで寝ているショコラとマリオンとラスク。

なにこのツンデレちびっこめ。


ハリセンで突っ込んだろかwww

ああ、いたいた。
マリオンさん。


鉄!?Σ(゚Д゚)


と、説明してくれたのはラスク。


どこまで馬鹿ですか、あんた!!!
って言いたいんだね。わかるよラスク(笑)


わかるわー(笑)

すると枯れ草を持ってくるように頼まれました

今はおばあちゃんの薬で眠っているようですが、
あれだと完全に抜けないらしいんですよね。

どっかにあったかなぁ


あった(・∀・)

枯れててよかったなーってのは何かオカシイ(笑)



いい話のようですが鉄はやはり食べるな(笑)


顔色が曇る主人公にいぶかしなげなマリオン。




迷っているとふとマリオンが後ろを向き、


ふいに広場の桜の木が大きくうつり、背景が桜の木になる。




くるりとマリオンがこちらを振り返り言う。


無言で考える主人公。
そしてーー


一歩。また一歩後ろに下がる。
そしてぽんっとモコモコに姿を変えた。


何言ってんだか、この二人は。


あんたが考えすぎなんじゃねって要約するとそんな感じ。
突っ込みキタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!


二人で広場の大きな木を見上げながら、


長かったわーっ(・∀・)


ソフィアのイベントが出てこないのでなんでかなーと思ってたら
一回でもデートに誘わなきゃだめらしい。

そーいやデートなんてしたことないな。


一回だけ必ず選択があるそうです。

さて。

さっそくデートデート。
冬のダンジョンに行きたいらしいので行ってきました。


反対語って面倒だなww



選択肢

・ものすごく
・うーん……
・エリザさんと話せるから

別にソフィアいなくても話せるし?←待て

ものすごくで(・∀・)

「ええと……。
 それは楽しいということ?」←楽しいが反対語
「ううん、楽しいよ。
 ……あれ?ソフィアの口癖が……。」

つられるなww


⇒選択肢

・幸せってなんだろう?
・ソフィアはどうなの?
・だがそこがいい

どれだwww
幸せってかなぁ・・・


だーっめんどくせえ!!!


⇒選択肢

・そうだね
・うーん
・別のこの予定があるから

実際に予定はあるが言うては駄目です(・∀・)



ごまかしたなww



>>>ポスト依頼

ソフィア:手助け無用

町の人たちに、どうしても伝えたい事があるの。
ちょっと手伝ってくれる?


お。

念願のソフィアさんの依頼の続ききましたね。
ついでにレシピパンを食う


よしよし(・∀・)


とか思ったらソフィアさんいないわー
どこいったと思ったら風呂はいってるしwww

これは乗り込んでいくわけには…(笑)

個人的には構わんが←駄目だろう


ん?噂を広める手伝いをするって・・・
またけったいなことを。



苦笑いの主人公様。


てきとうに女の人のみに話しかけるんですが。

別に宣伝しなくても服スルーしてると思うよ。
みんなさー


数人に話しかけるともう良いから家にと言われました。
ソフィアの自宅に帰ると誰もいません。


ふいに主人公が切り出します。


ちょっとじゃないとおもうよー


あれ?じゃあわかってもらいたいの?



>>>ポスト依頼

シア:一緒に説得してください!

モコモコさんのことで、お願いです!


こないだの流れのモコモコかな。

そういやまだ看病してる設定なんだっけ。
一カ月は経ってるけどな(笑)


さっそく花屋に行って二階にあがりました。
するとイベントスタート。


じーさんとシアがにらみ合い(笑)


そこに主人公登場。


それは…どうかと思うヨー


今まで見てたんじゃないのか(笑)


このモコモコはまだ子供……。
あの時羽ばたく花の丘に居た
モコモコはもしかして……。

あの子の親なのかもしれない
そうしたら今もきっとあの子を探しているはずだ……

あの羽ばたく花の丘に行ってみよう


おっけ。

春のダンジョンのデートスポットですね。
行ってみると思った通りモコモコがいます。


話はモコモコに姿を変えてから聞きましょう
話し聞いてくれませんから(笑)


話を聞いてみれば子供が怪我をしたので、薬草を探しに行った。
帰って来てみると人が子供と一緒に居て連れてってしまった様子。

(ノ∀`)アチャー


ばーか

親から引き離して飼うなんてお前のただの自己都合。
わがまま。自分勝手だろう。

と、オノで切りつけていいですか←駄目です


あ、逃げた。


自業自得で良いんじゃないですかねぇ…(・∀・)

とか思うのはわたしが汚れた大人だからですか(笑)
めんどくさい女だなぁ…と思っててサーセン


こんなテメエがってな子だったかなぁ…
優しさと自分勝手が混同しすぎです


まあとりあえず花畑に。

するとモコモコの親と対峙してますね。
もうモコモコどついて連れて行けよ、面倒だから。


とか言いませんよw←言ってます


慌てて親モコモコとシアの間に割って入る主人公。


その瞬間主人公の姿はモコモコになります。

驚いているシアさん。
そりゃまーな。


しばらく考えていた様子のシアさん。

子供のモコモコを離してやりました。
つないでたんかい。


すると勢いよく子供は親の元に駆け寄っていきます。

親子はさっさといなくなってしまいました。
メインイベントはこれからですし(笑)


するとシアさんがそっとモコモコの主人公の近くに来て、


人に姿を戻してシアさんを店に送り届けます。

うーん、元気なシアさん。
それをじじいが迎えでます。


お礼をじーさんがくれました。
すると、


「シアをよろしく頼むな」


そう言われました(笑)
いやん、公認


これにてシアさん糸冬 了..._φ(゚∀゚ )アヒャ