そんなわけで。
ドラゴンクエストビルダーズプレイ日記を始めます。



[ad#ad-1]

うん。
最初は無しで結構進んだんだけど。
うずうずしてしまってww


ずっと気にしてる感じなのでもうつけちゃえばって(笑)
改めて最初から始める事にしました。


まあ最初の町を作り直したいのもあるんですけど。

街と見なされる範囲は決められているので
ギリギリまで家を作り外壁は外でもいいやんと。


というわけで主人公の名前はいつも通り「かいと」です。
同じ名前ばっかりでさーせんww

考えるの苦手なんです…(笑)
世界構築中。


自ら王の中の王とか名乗る竜王様
隣の部屋からこの竜王の頭サリーちゃんのパパから
影響を受けたんかなって意見が

(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!



ここでサリーちゃんのパパ来ますかっ(笑)

まあ同じですけど!
向こうの方が古いしなったしか。

多分関係ない(笑)


隣の部屋からその後も本編無視したツッコミが飛んできましたが
全部メモると本編がスルーされてしまうので(笑)
省略!


で。
つまりはこの物語の始まりはデスネ、実際にゲームで
竜王戦が始まる前に選択肢が出るんです。


勇者に自分の味方したら世界の半分をやるよーみたいな?
で、うんって言っちゃったのがこの世界(笑)

( 」´0`)」オォーイ!



洒落にならんがな。
そういや竜王を悪く言ってますけど勇者の所業はいいんかいww

で、世界が竜王の力に飲み込まれ荒廃し人間は
滅びの一途をたどっていた。

そんな最中に主人公は目覚めます。
ある人物の呼びかけに答えて。


そう。それが
精霊ルビス様。

それにしても。
精霊様の意味深なセリフがね…

主人公は記憶が無く自分が何者でなんでこんな変な祠で
寝ていたのかすらわかりません。

でもその方が今は良いと言う…


σ(`ε´) オレ何かしたんですかねwww
勇者じゃないって言われたのに。

はて。
過去を後ろめたく思うのならこの選択肢を選んだ
勇者だと思うんですけど…違うのよね?

よくわからんです。

精霊様が言うには自分にはやらなきゃなんない重大な使命があるとか。


知るかと(笑)



寝て起きて仕事しろって鬼かと。
寝すぎか主人公の体力は半分しか

そこで主人公の能力で体力を回復する事になりました
その主人公の能力とは?


まあもの作る事ですけどww


★白い花びらを手に入れた


この三枚の花びらをどうするのさ?
主人公はこの世界で唯一素材から武器や道具を作り出す

そんな能力を持っているらしい。
それがなぜかは今はわからないみたいですが。


●きずぐすり
 =白い花びら×3


この世界に生きる人はとある理由から物を作る力がない
物を作る力が無いってのもよくわかんないな

人間が進化していったのは物を生み出したからであって、
それが出来ない状況と言うのは…なんだろう?


つーか主人公。
話ちゃんと聞いてねぇww

責務はともかく外に出せと(笑)
まあこんな穴倉でえんえん話聞いてもねえ

まずは外に出るための準備をしましょうか
武器を造ります


★ふとい枝を手に入れた


●ひのきのぼう
 =ふとい枝×1


うんうん。
最初はこれですよね。

このひのきのぼう。
これも今は主人公しか作れない。

こんな簡単なのなら作れるんじゃないの?

外に出せって言ってるのに説明の最後に使命の説明に
進めようとする精霊も人の話を聞いてねーが(笑)


装備は●ボタンを押してメニューを開き装備を選びますよ


この武器は敵とも戦いますが素材を取るのにも使います

武器の性能がアップすれば攻撃力ももちろん上がりますし、
固い物はひのきのぼうでは歯が立たないので最初は
素材がそんなに集まりませんが。

進むと取れるモノが一気に増えるので焦りは禁物です。

そして主人公精霊の話を聞かず寝とったww
大物や(笑)


穴ぐらで暗いからきっと寝ちゃうんだよね
え?違う?(笑)

何はともあれ外に出ようww


まずは周りにある土を手に入れましょう
手にしたひのきのぼうで■ボタンで攻撃する事で手に入ります

まずは10個。


★土を手に入れた


何かを設置するときには三角ボタンです

2か所設置すれば外に出られますよ



さあ。
今目の前にあるのはアレフガルド
あるきっかけで光を喪い荒廃した世界です

どうやら人間は物を作る力を奪われている様子


じゃないと例えば石を積むだけでも壁が作れるし
そしたら風よけも作れるだろうし

そういう発想がそもそも無いらしいので
思考する事が出来ない…感じですかねこれは


不便を感じたらここをこうしてみようとい発想
創意工夫が何かを生み出す進化する足がかり

それ自体が存在しないという事・・カナ

ここでようやく自分の使命を教えられますが
起きていきなりモノづくりの力で人々を救いアレフガルドを
復活させる事とかまた規模のデカい事言ってきたわね…(笑)


無理いうなww
少しじゃないと思います!
精霊ルビス様は割とお茶目だと認識した(笑)

ここで勇者じゃないからと念押しされた



そもそも勇者ってなんなんだろうなぁ
特別な血の事なのか、勇気ある者の事なのか

目が覚めた大地はメルキド

魔物との戦いで壊されたメルキドに新たな街を作りましょう



★希望のはたを手に入れた


この旗を街をつくる中心に光る場所に差し込むと
そこが町として認識されあれこれ作る事が出来ます

この旗はこの町で戦っていた人が掲げていたハタ
希望のはた。

これを建てる事でその場所に光がさし、
暖かい光があふれる。

その光に導かれて人が集まってくる…
ほいほい系?←言うな


ヒロインのピリンちゃんです
この旗を立てる事でその場所は特別空気に包まれるみたいですね

後から来る人もそれまで何も考えられなかったのに、
ココに来るとさまざまなものを思いついたり自分で考えて作ったり


外の世界はあれか
魔王の呪いみたいなのがかかってるのかもしれませんね
それから解放されるのがこの場所なのかも


ヒロインに最初から怪しい扱いを受けましたがww
精霊の声がとか言う奴ですからね

仕方ないか(;´▽`A“


まずは住む家を修理しましょう
家は出入り口以外を壁で囲まなきゃなないのですが、
高さは2段以上です

それ以上積んでも関係ないデス
まあ外観を取り繕うようになってからでもいいかとww

今は2段だけ積めば良いので一段しかない所も付け足します

壁の穴を塞ぐとヒロインに褒められてるのか
けなされてるのか分からない事言われます


逆に言うとこれだけの事も出来ないようになってるという事
何かを作る何かを修理する。

物を作ると言う言葉すら失ってるようですから

お礼に白い花びらをもらいました
きずぐすりでも作りましょうかね


この調子でヒロイン様からレクチャークエスト続きます
我儘に付き合ってる感じがしないでもないよ(笑)

だがしかし。
それが主人公というモノだ


と、妹様が(笑)
デスヨネー


ヒロイン様にものをつくる力って何かと訊かれた時には
説明のしようがねーとか思いました

当たり前すぎて


そういう概念が無い相手に説明するのってすごい難しいわ
そもそも物を作るという基礎の概念が無い物


しかし。
そんな人々に物を作る事を伝えるのも仕事らしい
大きいな、オイww


次は灯りを作るのか
注文が多いがヒロインの為ですし

この後出てくるおっさんよりはいいわ


たいまつが近くに落ちてたら下手すると火事ですよね、
何言ってんですかヒロインちゃん。

造るんですよ、作る。


★あおい油を手に入れた


あおい油とふとい枝を手に入れました
精霊どっから出したww


●たいまつ
 =ふとい枝+あおい油


ようやくモノづくりとは何かを理解してくれたようです
まわりにある素材から物を生み出す事

うむ、確かに!




[ad#ad-1]