フォーエバーブルー海の呼び声プレイ日記です。
ネタバレの考慮とか攻略要素はない日記です。



⇒青い鳥を探せ 第6話「恵みの緑」

カナダ北岸沖で青い鳥を見たとき、めぐみが降り注ぐとき、熱帯の緑と聞こえた・・・


川にきました。雨が降っていないと鳥いませから。

B-3の中州に鳥がいます。
話しかけると、


「満月の夜、紅の砂丘」


また去って言ったし。
焼き鳥にしようぜ


★ナチュラルを手に入れた!


サブストーリーをおっていたら
メインイベントのためできないことが発覚ww

青い鳥進めようとしたら鳥がいるところの近くに来たのに


( ゚д゚ )クワッ!!<そっちじゃねーよww


とか連れ戻された(笑)


ちょwwせっかく行ったのにーっまあいっか。
ついでにメインすませちゃお。長いし(笑)


一度でた通路を通って中に入るとGGに
早く行こうとせかされるが。


まあ待て。
そんなわけでようやく中に入ります・・・が?



その瞬間に鳴り響くものは久しぶりに聞いたあれでは?
そう。


竜の歌www
ちょ何かあるフラグキタ――(゚∀゚)――!!


伝承によると竜の歌の謎を解くことで財宝が手に入る。
つまりここには竜の歌の謎を解く鍵が・・・・って、


ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!


ちょww
全員建物に食われた(笑)


いきなり水流が激しくなってきて・・・
あっというまに吸い込まれてしまいましたww


さすが、竜の歌。
きっちり仕事してます(b´∀`)ネッ!


遺跡に飲み込まれたw
(ノ∀`)アチャー


なんか遺跡にごっくんされました。

水流が激しくて外に出られないみたいです。
まあどっちみちなかに入る予定なんだしいいじゃん(笑)



中には見上げるほどの高さのある遺跡が。
うわー、壁画でかーい。

ネフィリムの石窟というらしい。


GGのピラミッドみたいってのがしっくりくる。
残念ながら遺跡からの脱出は無理そう。


水流が内側に向かってるからそこから外には
出られないんだよね。


たぶんこの建物の何かがこの水流を起こしているので、
それをどうにかしないとエアが切れておだぶつ。


ド━━━━m9(゚∀゚)━━━━ン!!


中に入って三箇所に通路があるんですが。
水流の流れが入口と同じく押し戻してくるので無理。


これは早めになんとかしないとエアが切れたら
大変だ・・・とみんなが慌てる中すでに遺跡に夢中です。

先生ったらww
壁画に興味津々だ。



■太陽をあがめる人々の壁画だ。古代文字が刻まれている。


おじいさんが怪しいものがないか調べろって言ったけど、
どうみてもこれが怪しいですって主張してるわ(笑)


壁には太陽の壁画。

オケアノスの石版に朝と昼と夜の笛を捧げ、
竜の歌は遺跡への扉を開く・・・と

太陽に笛って一つしかねーし


・海笛を使う
・竜の笛を使う


ここで誰でももてる海笛使ってどーするwww
振り回すと音が鳴ります。すると


■竜の笛に反応するようにあたりに竜の歌が反響する・・・


ここでも竜の歌が響きます
どういう発生のシステムなのかなぁ


何はともあれ壁画の古代文字を先生に見てもらうしか?
オセアンヌの提案に振り返る・・・と


イネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!


気が付くと近くにいたはずの先生いません。
おいおい・・・遺跡に食われたんかな?


んなあほなww


するとおじいさんが、遺跡の仕掛けが動いて
一部の水流が変化した事を教えてくれました。


先生はGGが引き受けたので、とりあえずこちらは遺跡の
謎を追っていきましょうか。


行くぞー、オセアンヌ!
壁がある壇上から降りて右手。


さっきまで水流で通れなかったのに流れが逆になってる。
次はこっちか。


オセアンヌと共に先に進んでいくと、
行き止まりになにやらでかい像が。


■巨大な石像だ


なにやら特殊な雰囲気がある、とオセアンヌ。
ここでも同じように竜の笛を使うか?



・竜の笛を使う
・やめる


いや、使え(笑)やはり竜の笛を。
すると・・・


■竜の笛に反応するようにあたりに竜の歌が反響する・・・
 遺跡の仕掛けが作動して一部の水流が変化したようだ



竜の笛がかぎなんだな、しかけの。


何か変化があるかと今度は先生を探しているはずの
GGにオセアンヌが連絡を取りますが。


あれ?


じーさん曰く突然掻き消えるようにモニターの
反応が消えたようです。


神隠しみたい。

ま・た・かww竜の歌の呪いかよwと。
んなわけないって(・∀・)


おろおろするオセアンヌに


・まずは落ち着こう
・そんなはずはない


落ち着け

とりあえずまあ落ち着けよ、先輩(笑)
大先輩なんでしょーがw


そうそう。

ここは海の中。
ここでの焦りは身の破滅を呼ぶよ。


まずは落ち着いて行動する事。


オセアンヌにまた助けられたことを感謝されましたが。
そりゃウルトラダイバーですし(笑)

とりあえず戻ってみるべし。


お。今度は反対の通路に進めるようです。


進んでいくとまたも部屋があり、像があります。


・竜の笛を使う
・やめる


使えwwさて、竜の笛。
竜の歌キタ━ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’━!!


■竜の笛に反応するようにあたりに竜の歌が反響する・・・
 遺跡の仕掛けが作動して一部の水流が変化したようだ



今度はなんだww

ってあれ。オセアンヌどこだよww
やーんw主人公の背後をまっすぐ流されていくオセアンヌ。


(ノ∀`)アチャー

おじいさんにオセアンヌを助けるように頼まれますが・・・
いかんせん・・・


■激しい水流に巻き込まれた!


流されていった方に向かうと主人公も流された(笑)やーん



デスヨネー(;´Д`)
流れ着いた先・・・ある部屋のようですが。


みんないるし(笑)

つまり仕掛けが動くたびに水流が変化し、
そのたびその水流の近くにいたやつが流されると。


そして誰もいなくなかった・・・とかじゃなくてよかったね。


この流された部屋はなぜか通信がききません。

他はいけるのに、何か特殊な違いでもあるんでしょうか。
流された先はホルスの祭壇。ここにもでかい像が。


■古代の石像がある。手には何かシンボルを持っている


・竜の笛を使う
・やめる


とりあえず竜の笛(・∀・)
よし、竜の歌響いたね。


水流が収まった様子。


やれやれ。
ひとまず出入り口に戻ってみました。


すると水流で外に出られなかったのが収まっています。
これでエアの補給にも出られますね。

よしっ!


ただしさっきの部屋は行き止まり。
他に通路らしきものがない。


さて、どうする?


・通路をふさぐガレキを発破
・壁画の古代文字を解読


発破選んだら怒られた(笑)

まあ崩れるわな
壁画調べようよ。


先生よろしく頼んます!!


先生の解読の結果マグネシアの聖鉄が
黄泉へのモンを開くかぎになる・・・・と。


マグネシアはギリシャの一地方のこと。
昔から天然磁石のマグネットを産したらしい。


これがヒントになると言う事なんですけどね。
つーかさっき流された部屋調べてないんですけど?


うーんと。せっかく退路ができたんだから一度出ようか。
エア補給しよっ


うーんと。とりあえず通信の聞かない像の所に行ってみよう。

他の二つはついになってるみたいだし。
そもそもなんでこの部屋だけ通信ができないんだろうね。

GGも不思議がってたし・・・この部屋に何か秘密があるのかな。


まあ一番大きいのって像なんだけど・・・


■ここでは通信が使えないがこの石像を調べてみようか・・・


・調べる
・やめておく


調べろ(笑)


すると。


■石像が持つ鉄製のシンボルがバルブのように回転できることを発見した


調べてみると像が持つ鉄製のシンボルが
バルブのように回転する事を発見。

うーん?


あー、像が持ってるのがマグネシアの聖鉄なのか。

天然磁石の強力な磁場が電波をかく乱してるんじゃないかって。
さすが先生。


■GGが鉄製のシンボルを回転させた・・・


回すのはGGにおまかせ。たまには働け。


おー

すると像が移動しましたよ。
隠し通路キタ――(゚∀゚)――!!


これで奥に進めますね。