フォーエバーブルー海の呼び声プレイ日記です。
ネタバレの考慮とか攻略要素はない日記です。



[ad#ad-1]

せっかくなので最大まで上がってストップしていた
どざえもんの試験を受けることにしました



■課題クリア条件

フロントフリップ系のジャンプで2.0メートル以上の記録を出す

がんばれ、どざえもん!
やった!2.4メートル


■課題クリア条件

シングで3.6秒以上の記録を出す

ドキドキヽ(・∀・)ノがんばれ!
あらあら、5秒ですってよww


■課題クリア条件

グリーティングで4.1秒以上の記録を出す


じっとしとく系が多いなww

頑張れ?!ちょうど4.1秒でした(笑)
うわぁ、ギリギリ・・・!

まあでも無事レベルアップです。


この試験をやっとかないと、今以上に上がらないんだよね。
それでトレーニングとかもったいない!ほかにもいっぱいいるんだし。

とりあえず今四匹いるから、
順繰りトレーニングを繰り返して一日寝て、
またトレーニングをしてみよう(笑)


百回もトレーニングなんてやってられっか(・∀・)

という結論に至りました(笑)
100回トレーニングと20回イルカショー。

イルカショー面倒で嫌いなんですが、すでに10回やってます。
ちなみにトレーニングはあの後重ねてやりましたが


あと40回ぐらいかな(・∀・)



やってられっかーーーーーーーーーーーっ(#゚Д゚)ゴルァ!!

となりました(笑)


ルカ来ました。結局トレーニング100回やりました(笑)
そんなものです。ショー面倒なんだもの…


まあ条件をクリアすると速攻ルカが来ます。
お前、実はその辺に住んでるだろう(笑)海のなかとか?



次のイルカは北極海にいるベルーガという種のイルカ。
花びらの模様を付けたベルーガを知り合いが見たらしい。

南西の呼吸穴付近との事。

よしよし、次行くぞ。



まずは北極海に。
潜ったらA-4付近に行くとイベントが発生します。

ああ、鳴いてる。鳴いてる。
これがいわゆる歌を歌ってるってやつだな。


いたいた。
一匹特徴的なやつがいますね。
それがターゲットです。


まずはそれに注目。
ベルーガは海のカナリアと呼ばれるぐらい
歌の名手。


音を使ってコミュニケーションしたらいいかも。
するとその花びらの子がさっきから主人公の周りを
歌いながら誘っているようです。


それなら音で返したらどうですかね?


つまり笛ですね。
注目したまま海笛を吹くと・・・寄ってきました。


次は向こうが歌うのに合わせて海笛を鳴らします。


つまり向こうが歌ったらこっちもaボタンを押す!


■ベルーガがあなたのお友達になりました


うーん、仲良しヽ(・∀・)ノ
さて、お名前どうしようかな。
シミつきだから「おばちゃん」にしよう(笑)←まて


★白亜の歌い手の称号を手に入れた!


さっそく帰りましょう。きっとルカがすぐにやってくるんだ(笑)


先生に話しかけるとすぐ来ます(・∀・)

やぁ!!どうやらこの人今まで自分たちを試していた様子。
心からイルカの事を理解し、通じ合える人物を探していたと言う。


ヴァルカ城に居るはずのオキゴンドウを探して欲しい?


なんかわけありらしくて保護して欲しいんだって。
相変わらずオセアンヌが大きく出ますが捕まえるのは主人公!!!


同時にこれもクリア


⇒特別な依頼 「北極のベルーガを求めて」

ルカからの情報によれば北極海の南西にベルーガがいるらしい。


⇒業界NO1への道 第7話「さらに上を目指して」

そろそろマップの売り上げ報告が来てるかもしれない。
オセアンヌに聞いてみよう。


さて、マップの売り上げはどうよ?
世界を相手に。


南太平洋マップ業界のシェアNO3になったらしい。
さすが、σ(゚∀゚ )オレ

この調子で頑張ろうってまたおかしいご褒美買う気だww


⇒業界NO1への道 第8話「順風満帆」

オセアンヌが鼻歌を歌っている。
マップの売り上げを聞いてみよう。


このお嬢ちゃんだきゃー・・(笑)

南太平洋マップ業界のシェアNO2になりしまた。
マップいくつか渡してあるからなあ・・・。


⇒業界NO1への道 第9話「余裕」


あら、ナンバーワンになったよ。
すげーね。

ボーナスももらいました


■髪型をロングに変更できるようになりました


それ金庫関係なくね?


「南太平洋NO1になった以上次は世界へ進出するわよ!
 でも、そのためにはもう少し準備が必要だから
 あなたは次のマップを完成させておいて!」


夢は広がるっていうより、野望ははてしなくって感じかな(笑)
こんな子に誰がした(笑)

あれ、σ(゚∀゚ )オレのせいか?
主人公様だからww


仕方ないm9っ`Д´) ビシッ!!


⇒目指せ!トップトレーナー 第6話「驚きのルカ」

ベルーガをRARが仲間にしたと聞き付けて
ルカがやってくるらしい。
詳しくはハヤコに話を聞いてみよう。


(・∀・)ニヤニヤ
前回北極に赴いて、さくっとベルーガ様を仲間にしました。
あ、名前はおばちゃんです(笑)

いや、マジでww


さて。早速ルカさんがいらっさるようですよ?
先生。ルカは来るって?


絶妙のタイミングで来るわね、と先生。

だから其の辺の海に住んでるんだって。
水棲人なんだよ(笑)


あ、いっとくけど。
仲間にしたのは今回は本当に主人公ですからね(笑)


どうやらルカさんはこれまで手を尽くして、
心からいるかの事を理解し通じ合える人間を探していたらしい。

いやいやいや。


種族の差はそんな簡単に越えられないと思うヨ(笑)
という現実の声はともかく、主人公にとりあえず
ゲームの範囲内では不可能はないヨ


うちのほかにもいろいろあたったけど、全部はずれ。
そんなモノホンのσ(゚∀゚ )オレに頼みごとがあるらしい。


依頼?


ヴァルカ城のオキゴンドウ?
あー、いましたね。孤独民なオキゴンドウ様。


いたよ、いた。
オキゴンドウとやらが。
まああれと今回友達になるヤツは別物だったはず。


ルカが言うには額に大きな傷を持つオキゴンドウが
ヴァルカ城にいる事が分かっていて、

その子を保護して欲しいらしい。
なんか訳ありっぽい。

そして相変わらずオセアンヌが大口叩いておりますがね。


でも探すのは俺ですよね、わかります


ヴァルカ城に居るオキゴンドウを保護してくれとの事。
特別依頼に古城のオキゴンドウを求めてが出現。

さっそく行くか(・∀・)



ヴァルカ城のスパイラルタワーを登っていきましょう。
するとイベント発生です。


おじいさんのお話によるとですね。
数年前にキケロスの両氏が漁場を荒らしたオキゴンドウを
駆逐した過去があるらしい。

そのときの固体だとしたら人を恐れているのかも、と。


自然と人間が完全に共生するのは確かに難しい。
でも元々生き物がいた場所に乗り込んだのは人なんだ。

それを自分の物の様に荒らして駆逐ってのは
ちょっと自分本位過ぎるのか・・・だけど生きていく為とかいうと。

難しい問題だなぁ・・・(;´∀`)


額にキズを発見!


あー、やっぱ逃げちゃいました。
このままにはしておけん。

とりあえず追いかけよう!
東の崩れた回廊に向かいましたが・・・行き止まりあったな。
崩れた回廊の奥にいますので、そこでaボタン。

が、しかし。


■危害を加えないことを伝えようとしたが
 北の方角へ逃げていってしまった・・・


つーかお前ならなんとかなるだろって空気は
いかがなものかと思います(笑)
みんな主人公は無敵★だって知っているんだねww


次は武器庫へ
おじいさんが動きが変だと言ってます。
どこか悪いのかな?


今度は宝物庫へ。
どうやら怪我をしてるっぽい。
城の中でひっかけたりしたんですかね。

自由に泳いでますけど、所構わずいろんな物があるので、
とがってるものにあたったら怪我もするし。


■危害を加えないことを伝えようとしたが
 東の方角へ逃げていってしまった・・・


が、逃げた(笑)


とりあえずマーメイドステージに
逃げて行ったので追いかける。


さて、パルサーでもちつけ!!と言ってから(笑)
調べる事に。


パルサーで静かになったところを調べます
はてさて、あ。

ちなみにもともといた奴も弱ってたのでなおしてやった。
というか勝手に範囲に入ってきたのだ(笑)


■体に刺さっていた大きな刺を取り除くことに成功した!


体にとげが刺さっていたらしい。

そりゃ痛い罠。