フォーエバーブルー海の呼び声プレイ日記です。
ネタバレの考慮とか攻略要素はない日記です。



[ad#ad-1]

人と一緒に並んでくるくる回ってるイルカが可愛いよ、可愛いよ。
あーもうがっしゃがしゃ撫でくりまわしたいね!


■オキゴンドウがあなたの友達になりました


よっしゃ。
さてお名前は何にしようかな


★失われた騎士の称号を手に入れた!


さて、鑑定してちょ


★古代文明の宝箱を手に入れた!
★印象派の風景画を手に入れた!



同時にこの依頼もクリアです


⇒特別な依頼 「古城のオキゴンドウを求めて」

ルカからの情報によればヴァルカ城にオキゴンドウがいるらしい。



さて。続きです(笑)
とっととくるよろしヽ(・∀・)ノ


⇒目指せ!トップトレーナー第7話「ルカの過去」

RARがオキゴンドウを保護したと
聞きつけてルカがやってくるらしい。

詳しくハヤコに話を聞いてみよう。



先生曰くルカは口は悪いけど、
イルカに対する思いは人一倍。

そして・・・駆けつけるスピードも人一倍・・・


なるほど(笑)
桟橋の下にでも棲んでんじゃねーのかww

オキゴンドウを保護したと言う話を聞いてルカが来ました。



ルカに保護したオキゴンドウとご対面。
ちゃんと連れてきたっしょ?


おじいさんの言うとおりやはり、以前オキゴンドウの
駆除運動の時の被害者らしい。

ただしそれはあくまでもオキゴンドウの群れが
漁場を荒らすという風評で。


それなのに人間はそれを真に受け、一方的に駆除した。
駆除用の罠に引っかかったオキゴンドウを
なんとか助けようとしたが・・・一匹だけしか逃がせなかった。


ああ、それがこいつか


この額の傷は逃がす時についたもの。
人を怖がるはずのこのイルカは主人公に懐いている。

それを見込んでルカに世界中のイルカを仲間にするという
夢をなぜか託されてしまいました。

つーかそれ自分でやんないと意味なくね?
まああんたがいいんなら別にいいけどさぁ


ヽ(・∀・)ノ<まかせてチョ


★サメの背ビレを手に入れた!
★シャークフィンを手に入れた!



なんでサメww
まあ朗報は寝て待てww


ほどほどに頑張るかもしれないヽ(・∀・)ノ
まあまだ行けないところがあるんだけどね・・・ええ(笑)



⇒特別依頼 「深場に棲むイルカを求めて」

ディープホールで珍しい背びれの色をしたイルカが目撃された。
機会があれば捜索してみよう



今回はデュープ・ホールらしい。

今回のイルカはカマイルカさん。
特に人に懐きやすいイルカさんだって。

なら簡単に友達になってくれるかな♪
と思ったらそうはいかないのが世の中の厳しさか?


きょろきょろしていると、一匹だけ特徴的なのがいます。
背ビレが特徴的なその子と心を通わせて見る事に。


あれ?


なんにもしてないのに逃げちゃった?
人懐っこいって話だったのにうそつき・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン



まあ人にもいろいろいるように、イルカだっていろいろ。
いくら人懐っこい種族と言ってもそうでないのもいるだろう、と。

まあ・・・そうよね。
人見知りっ子もいるかもだし。


そんなわけで日を変えてチャレンジ!

じゃあ船で朝まで寝てみた。

さて。もう一度ディープ・ホールへ。
手間かけさせるね(・∀・)


今日は逃げないみたい。
コミュニケーションを取ってみろというのでaボタン。
あれ、驚いたのか逃げちゃった。

まあでも初日に比べたら逃げるのは遅いよね。
次こそは!!


ってまた行くのか(;´∀`)
人懐っこいって話だったのにぃww



せっかくだからコイン探しもしてみた
D-2の下の端の方の植物の上の丸い点にありました


★炉座の黄金貨を手に入れた!


D-40のケーキ岩付近にありました


★鳳凰座の黄金貨を手に入れた!


D-のヘソのあたりでも見つけました


★三角座の黄金貨を手に入れた!


B-4あたりにあります


ちなみに通うのはイルカさんが早いです(笑)
時間を過ごしてから再び潜るのですが、うっかり日付変えないと
イベント進まなかったです。
もしその時間が昼間だったら夕方とか駄目です(笑)


ようやく来た友達になるチャンス。
遊んでみろって・・・(´・∀・`)ヘー
遊ぶのかよ・・

・遊ぶ
・遊ばない


選択肢かよww
もちろんここまできたら遊べよ( ゚д゚ )クワッ!!

やーん。やっぱくるくるまわるイルカはかわいいね


■カマイルカがあなたのお友達になりました


マブダチ(笑)
さて、お名前は何にしようかなー

えーと。

「びびりくん」で( ー`дー´)キリッ


★芸術の表現者の称号を手に入れた!


最近特に意味不明ですよね(笑)


⇒業界NO1への道 第10話「進出」

オセアンヌが何か準備している。
何をしているのだろう?


金が絡むと非常にこわいなあぁ・・・ww
とうとううちも世界に進出するらしいぞ。
マップ事業ww

さて。
どうなることやら(笑)




そういや・・・記憶喪失の人はどうなったんでしょ。


⇒記憶の断片 第4話「写真の記憶」

その後MRさんの様子はどうだろう?
ナンシーに聞いてみよう


「ナンシー、MRさんの具合はその後どうだね?」
「ああ、それそれ。何か忘れていると思って・・・」

お前はいつも忘れすぎだww


ほんっと毎回忘れてたしか言ってねぇww
初回の装備品も忘れてたろ(笑)


それで。
記憶喪失者は?


今回は写真を見せるとなにやら写真の評価を
始めちゃったらしい。

ああ、うん。



聞いてねえm9っ`Д´) ビシッ!!


とか思わなくもないがまあ聞いてもいいのよ?
具体的な写真を撮る時のコツというか、わざと言うかあれこれ。

三分割法とかなんとか。


写真の構図を決める方法の一つらしい。
そんな話を聞いてどうやらMRさんはプロのカメラマンか?
そんな話に。


で。
今度はキケロス海峡の入り江に珍しいアザラシがいて、
それを撮ってくるらしい。


チチュウカイモンクアザラシだって。
長いんだよww


まあとってきましたけど。
ついでに宝探しもしてきましたけど(笑)


新しいの・・・なかった・・しょぼーん
写真は渡しておきましたが・・・


ずいぶん前の話なんですけど。

コルティカ川のマップを埋めに行った時に
進めなかったところがあるんですよ。

それがこのイベントみたいですが。



⇒特別な依頼「閉ざされた道」

コルティカ川中流のどこかに倒木に塞がれた道があるようだ。
なんとかして倒木をどかすことができないだろうか。


中流のちょうどワニ地帯のところに
倒木が道をふさいでいるところありますね。

人間の力だけでは無理という話。
うーん、じゃあイルカかな・・・


とりあえずどざえもんと一緒に潜ってみたヽ(・∀・)ノ


どざえもんは海水のイルカなのですが。
川は淡水なので力が出ないらしい。

それってさあ・・・あれか。
ほらほら


ワニに襲われた遺跡にいたよね、イルカ。
あれを仲間にしなきゃなんないのかな。


でもまだそのイルカ仲間になってないんだけど・・
と、諦めていたのですが。

ルカのイベントが進んだので


キタ――(゚∀゚)――!!


淡水のイルカのイベントきました!!
よっしゃ



⇒特別な依頼 「淡水に住むイルカを求めて」

コルティカ川上流で珍しいイルカが何度か目撃されているらしい。
機会があれば捜索してみよう


そんなわけで。

とりあえず淡水のイルカがいるという話なので
まずは神殿にレッツゴー

あ、あのカエルの像があった奥ですよ。


中にはいると・・・

これはピンクイルカという名前で、
別名はアマゾンカワイルカとも呼ばれているらしい。

つーか名前がそのまんま。


ただその中に全身ピンクぃのがいますね。
ここまで見事なピンク色は珍しいらしい


色ボケの色ですね、わかります( ー`дー´)キリッ


するとおじいさんがふいに浮上してこいと言い出しました。

なに、伝説って?

はいはい。仕方ないなー
上がってきたよ。
しょーもなかったらピラニアの川でそのままで一時間泳げ。

深海じゃなかったら潜れるんじゃないの?
だめなの?


まあそれはさておき(笑)
話を聞きましょうか?


[ad#ad-1]